「アップがきまらない」という女性の悩み、こめかみが薄いからかも?

■こめかみ?もみあげが薄くなる?

こめかみからもみあげにかけての毛量が減少する?
こんなタイプの薄毛ってあるの?

 

  • 側頭部が薄くなって困ること
  • 薄毛は頭頂部と額から?
  • こめかみやもみあげが薄くなる薄毛もある

服やメイクにあわせて髪型もアレンジ。
アップスタイルは、簡単に雰囲気を変えることができる、女性の得意技です。

でも最近、そんなアップスタイルが
きれいに決まらないと悩む女性が増えているんだとか。

その理由は、もみあげやこめかみ辺りの毛が
薄くなってしまっているからかもしれません。

側頭部の髪の毛は、毛深いと悩む女性がいる反面、薄いと悩む女性もいる箇所。
アップにしたときの横の髪は、全体の印象を決める重要な箇所ですよね。

薄毛って、頭頂部や額から進行するものなんでしょ?と思う人が多いのですが、
実はこめかみやもみあげが薄くなるというタイプの薄毛もあるんです。

最近、アップがきれいに決まらないという人は、
一度じっくりと自分の側頭部の髪の状態を確認してみてはどうでしょうか?

■側頭部の毛が薄くなる原因は?意外な原因の可能性も?

どうして側頭部の髪が薄くなるの?
女性特有の薄毛から、意外な原因の可能性もご紹介!

 

  • 女性の薄毛は全体的に進行する
  • 牽引性脱毛症の可能性も
  • 眼精疲労が薄毛を引き起こす?

薄毛と言われて最初に想像するのは、
やはり男性の分かりやすい「ハゲ」という状況ですよね。

ただ、女性ではっきりとハゲができるという症状は稀。

一般的には、全体的に薄毛が進行し、
生え際や分け目、つむじなどが目立ってくるケースが多いんです。

こめかみからもみあげにかけても、この生え際部分にあたり、
女性でも薄くなりやすい箇所と言われます。

こめかみやもみあげが薄くなるのも、
女性特有の薄毛進行の特徴と言えるかもしれませんね。

また、女性の場合には、ヘアアレンジをすることから、
牽引性脱毛症の症状がでている可能性も。

牽引性脱毛症とは、髪をポニーテールなどに長時間結んでいると、生え際や分け目が
引っ張られて、だんだんと生え際が後退したり、分け目が開いたりする状況のことです。

いつもぎっちりと引っ張ったアップスタイルが多いという方は、
それが原因となっている可能性もありそうですね。

そして、近年よく言われるようになってきた側頭部の薄毛の原因として、
眼精疲労というものも挙げられます。

いっけん無関係にも思える目の疲れと薄毛ですが、実は密接な関係が。

目が疲れると、目の周辺の筋肉が硬く凝ってしまいます。
その結果、その周辺の血行が著しく悪くなってしまうことがあるんです。

そのことが、もみあげからこめかみ付近の血行不良を招き、
薄毛の原因となっている可能性も指摘されています。

目の疲れと薄毛が関連するなんて、本当に意外ですよね。
スマホなどが広く普及した、現代ならではの症状と言えるかもしれません。

■髪と血行の密接な関係

血行不良と薄毛は、どんな関係があるの?
頭皮の血行不良がもたらす影響をご紹介します。

 

  • どうして血行不良で薄毛になるの?
  • こんな人は要注意!実は血行不良かも?
  • 意識的に血行を促進してあげることが重要

実は、今回ご紹介したこめかみ付近だけでなく、
頭皮の血行不良は薄毛の大きな原因の一つなんです。

でも、どうして血行不良だと薄毛になってしまうのでしょうか?

からだに取り込まれた酸素や栄養分は、血液によって全身に運ばれています。

髪の毛も例外ではなく、
この働きによって栄養分を受け取り、髪を生成しているんです。

この血液の流れ、つまり血行が滞ってしまうということは、
十分な原料が頭皮に供給されない状態ということ。

結果的に元気な髪の毛を作ることができないということなんです。

もし、慢性的な肩こりや首コリを感じている人は、
もしかしたら頭皮への血流が十分でないかもしれません。

長時間同じ姿勢を取っていたりしても、血行不良が起きてしまうことがあります。

凝りやすい、デスクワークなどで長時間座っているなどという自覚がある人は、
できるだけ意識的に血行を促進してあげることが重要です。

■血行を促進するために重要な3つのこと

血行を促進するって、どうすればいいの?
血行不良にならないために気を付けたい、3つのことをご紹介します。

 

  • マッサージやストレッチで凝り解消
  • ストレスは血行不良のもと!
  • 十分な栄養と休養で体の中から血行促進

意識的に血行の促進を、と言われても、具体的にどうしたら?と思うところ。

そこで、血行不良を起こさないために心がけたい、3つのことをご紹介します。

まず一つ目は、意識的に動かすこと。
長時間パソコンなどを見ているなと思ったら、少し首を回して凝りを解消しましょう。

頭皮のマッサージも効果的。
シャンプーの時に、1日の疲れを取る頭皮マッサージを習慣にしてもいいですね。

そのとき、使用するシャンプーも頭皮に優しいものを選択できればなお効果的。
刺激の強いものは、頭皮を緊張させ、逆に血行を悪くしてしまう場合もあるんです。

低刺激の、アミノ酸系シャンプーやオーガニックのものなどを使用し、
優しくマッサージしましょう。

そして、心がけたいことの二つ目は、上手にストレスを解消すること。
ストレスは、筋肉を緊張させ、血液の流れを滞らせます。

上手にストレスを解消して、体を緊張状態から解放してあげることが重要です。

最後の3つ目は、しっかりと栄養と休養をとること。

いくら血行を促進しても、肝心の栄養がなければ、十分な原料は届きません。
からだに十分な栄養を、バランスよく摂取することが大切です。

そして、そのためにはしっかり休養し、体全体のバランスを保つこともとても重要。

薄毛の対策って、体全体のケアを考えることにもつながるんですね。

しっかり自分の身体と向き合って、血行促進、薄毛改善を目指していきましょう。