髪が薄い!猫っ毛女性は薄毛になりやすいって本当?

■猫っ毛は薄毛になりやすい?

猫っ毛の女性って、薄毛になりやすい。なんて話を聞いたことがありませんか?
それって本当なのでしょうか?調査してみました。

 

  • 薄毛になりやすいって本当?
  • 猫っ毛は薄毛に「見えやすい」
  • 猫っ毛の特徴とは?

「私、ふにゃふにゃの猫っ毛だから、将来薄毛になる気がする」なんて会話、
聞いたことありませんか?

猫っ毛の女性って、薄毛になりやすいのでしょうか?

気になって調査したところ、
正しくは猫っ毛は薄毛に「見えやすい」ということが分かりました。

猫っ毛の女性の髪質は、柔らかい毛質の人が多いもの。
毛にコシが無いというケースも多いようです。

コシがなく、ふわっと柔らかい髪は、
ぺたっとして薄毛に見えやすいんですね。

でも、それは見た目の問題。

普通の毛量があって、しっかりと生え変わりのサイクルで毛が生えてきているならば、
「猫っ毛だから」薄毛になる危険性が高いということはないようです。

■天然猫っ毛と、後天的猫っ毛

猫っ毛だからと、薄毛におびえる必要はないんだ!と、油断するのはちょっと早い?
その猫っ毛、天然ですか?後天的ですか?

 

  • 猫っ毛にも種類がある?
  • 天然猫っ毛とは?
  • 後天的に猫っ毛になることがある?

猫っ毛だからと薄毛になりやすいなんてことはないと聞き、一安心。

でも、油断するのはちょっと早いかも?
実は、猫っ毛には種類があるんです。

まずは、天然の猫っ毛。
両親どちらかの髪質を引き継いだりして、生まれたときから猫っ毛というケース。

それに対して、後天的に猫っ毛になるケースもあるんです。

小さいころは普通の髪質だったのに、
パーマやカラーなどを繰り返すうちにいつの間にか猫っ毛になったということが。

これは、頭皮や髪へのダメージが原因で生じるものなんです。

その猫っ毛、どちらのタイプでしょうか?

■どちらが問題?猫っ毛の原因

生まれつきの猫っ毛と、後天的猫っ毛。
薄毛の危険性があるのはどっち?

 

  • 要注意なのは、後天的猫っ毛
  • 髪と頭皮へのダメージ、抜け替わりサイクルの乱れが起きているかも?
  • こんな症状があったら、薄毛要注意

2種類の猫っ毛のうち、薄毛要注意なのはどちらなのでしょうか?

結論から言うと、要注意なのは、「後天的猫っ毛」。

先ほどご紹介した通り、後天的猫っ毛は、
髪や頭皮へのダメージが原因となっている可能性大。

そのため、元気な髪が生えてこられなくなり、
結果としてふにゃっとした猫っ毛になってしまっているのです。

このような状態のときは、
毛の抜け替わりのサイクルも乱れていることが多いもの。

抜ける髪の毛と生えてくる髪の毛の周期がずれると、
毛量が減少してしまうことになります。

以前はまっすぐな髪質だったのに、最近猫っ毛になってしまったなという場合は、
ちょっと薄毛の危険性を疑ってみた方がいいかもしれませんね。

抜け毛、増えていませんか?
分け目やつむじ、目立ってきていませんか?

もしそれらに思い当たることがあったら、
それは薄毛が進行しているサインかもしれません。

■猫っ毛薄毛に悩む女性の、おすすめ対処法とは

薄毛に見えてしまう猫っ毛。薄毛の危険性のある猫っ毛。
それぞれのおすすめ対処方法をご紹介します。

 

  • 後天的猫っ毛さんは、髪と頭皮に優しい生活を
  • 天然猫っ毛さんは、気にしすぎないこと
  • 上手なアレンジでふんわりボリュームをめざす

薄毛の危険性がある、後天的猫っ毛さんは、
できるだけ早く薄毛対策を実施したいところ。

実は、薄毛対策って、すごく特別なことじゃないんです。
髪と頭皮をいたわり、栄養を届けること。

まず始めたいのは、ダメージの原因の排除です。

繰り返していたパーマやカラーをちょっとお休みし、
ダメージのないヘアアレンジを考えてみましょう。

そして、頭皮をケア。
毎日使用するシャンプーを見直してみてください。

最近では髪と頭皮に優しいシャンプーがたくさん販売されています。

「アミノ酸系」「ノンシリコン」「オーガニック」などのキーワードを
聞いたことがあるかもしれません。

これらは、頭皮をケアしながら洗っていくことのできるシャンプーの目印。
たくさん種類がありますので、自分に合った1本を見つけたいですね。

そして、栄養補給も忘れずに。
元気な髪の毛には、さまざまな栄養分が必要不可欠です。

バランスの取れた食事を心がけましょう。

薄毛になってしまったという場合には、
女性用の育毛剤を使用して、外側からの栄養補給も効果的です。

それに対し、天然猫っ毛さんは、気にしすぎないことが重要。

特に抜け毛が増えてきたなどの自覚症状がない限り、
猫っ毛だから薄毛になるということはないので、安心しましょう。

余計なストレスを感じないようにします。

ただ、薄く見えてしまうのはやっぱり嫌なもの。
そんな時は、上手なアレンジで薄く見えるのをカバーします。

一番のポイントは、ドライヤー使い。
風を当てるとき、少し髪を持ち上げて下から風を送り込みます。

これで、ふんわりヘアーの出来上がり。

ここで、重さのないスプレーなどを少し使用して髪のボリュームを保てば、
薄さをカバーしたエアリーヘアーの完成です。

もちろん、天然猫っ毛さんも、薄毛予防のために、
先ほどご紹介した髪と頭皮に優しい生活を送ることはとてもおすすめです。

髪に過度のストレスを感じず、
でも、関心をもっておくこと、とても重要ですね。