髪型で解決!髪が薄い悩みは上手に隠す。

■髪が薄い!どうやって隠している?

実は女性も「髪が薄い」という悩みを抱える人が多いんです。
そんな女性たちはどうやって薄毛を隠しているんでしょうか?

 

  • 産後の薄毛に悩む!自分に時間がかけられない
  • どこに行っても帽子は必須。食事に行くのが苦手
  • 人の目が気になる。外出を極力控えるように

 

髪の悩みといえば、男性特有のものと思いがち。
でも実は、女性でも薄毛や髪のボリューム不足に悩む人、たくさんいるんです。

ただ、美しくありたい女性にとって、髪の悩みは切実なもの。

たとえば、若い女性でも出産後に抜け毛が進行し、
薄毛になってしまったという人も少なくありません。

本来ならば、自分の髪のケアに一生懸命になりたいところですが、
産後のママは子供の世話や家事で大忙し。

つい自分を放置してしまい、
悩みは抱えつつも自分の容姿に諦めを感じているという人も。

もちろん、恥ずかしいと思う人もたくさんいますので、
一生懸命隠そうと帽子をかぶったり。

ボリューム不足の髪に帽子をかぶってしまうと、脱ぐと本当にぺったんこ。
そのため、外出中は屋内でも帽子を外せないんですよね。

食事中も帽子というのはちょっとマナー違反な気もして、
食事に出かけるのが苦手と言う人も。

さらには、隠すのが大変で、
周囲の目が気になるので、外出が億劫になってしまうという人も少なくありません。

髪のことが原因で楽しい外出ができなくなってしまうと悲しいですよね。

本当に女性にとって、髪の悩みというのは性格やライフスタイルにも関わる、
重大なことなんですね。

■実はこれ、薄毛を作る原因かも?

髪のためを思ってしているさまざまなこと。それ、本当に髪のためになっている?
実は薄毛の原因となっているかもしれないNG習慣をご紹介します。

 

  • キレイな髪のために!トリートメントは根元までばっちりと
  • ドライヤーの熱は髪を痛める!洗髪後は自然乾燥
  • 暑くても寒くても帽子は必須。ぴったり帽子で頭頂部をカバー

 

きれいな髪、ボリューム感のある髪はやはり憧れるもの。
そのため、髪に良さそうなことは毎日の習慣にしたいですよね。

ただ、その習慣、本当に髪のためになっているのでしょうか?

ついやりがちだけど、実は髪や頭皮にダメージを与えているかもしれない、
NG習慣をご紹介します。

まず、シャンプーの後にするトリートメント。
しっかりトリートメントをすると、翌日の髪がサラサラになりますよね。

そのため、毎日シャンプーの後に根元までばっちりと塗り込む!

実はこれ、NG行動なんです。

トリートメントは、髪の表面を油分でカバーすることでサラサラ感をつくり、
外部の刺激から髪を守ります。

そのため、トリートメントを重点的に使用したいのは、毛先。

頭皮にベタベタとトリートメントをつけてしまうと、毛穴が詰まったり、
頭皮に余分な油分が残り、べタッとした髪になる原因に。

全体的なボリューム不足の原因は、
もしかしたらトリートメントの使用方法にあるかもしれませんね。

そして、洗髪後の髪の乾かし方にも注意が必要。

ドライヤーの熱は髪の毛を痛める!と思い、毎日自然乾燥に。

これも、NG行動です。

髪は、長時間濡れたままにしてしまうと、その間に摩擦で髪同士がきしんだり、
徐々に乾いていくときに必要な水分まで蒸発し、乾燥した状態になります。

また、毛先に比べて根元は乾きにくく、
長時間蒸れた状態になってしまうため、頭皮の清潔が損なわれてしまいます。

濡れた髪は、強めのドライヤーで短時間にさっと乾かしてしまうのがベスト。

早く乾燥した状態を作ることが、髪と頭皮を守ることになります。
半乾きなどにせず、完全に乾かしてしまいましょう!

そして、外出時にやりがちなNG行動が、
頭にフィットしすぎた帽子を常にかぶっていること。

薄毛などを隠すために被っているその帽子のなか、蒸れてしまっていませんか?

頭皮環境のためには、風通しを良くしておくことが重要です。
隠す際には少し工夫して、頭皮に優しく上手に薄毛をカバーしたいですね。

■髪が薄いと悩む人におすすめの髪型とは?

髪の薄さを隠したい!どんな髪型がおすすめ?
薄い箇所別、おすすめの髪型をご紹介します。

 

  • 頭頂部が薄い人は、思い切ってショートスタイル
  • 全体的なボリューム不足にはミディアムで毛先パーマ
  • 生え際が気になる人はおしゃれ小物で視線を他へ!

 

薄毛に悩む女性にとって、人からどう見えるかということはとても重要なこと。

上手に薄毛を隠したいですよね。
そのために、薄い箇所別のおすすめ髪型をご紹介します。

まず、頭頂部が薄い場合。

この場合は、思い切ってショートスタイルにチャレンジ。
動きのある髪型にして、アレンジで薄い箇所をカバーしていきましょう。

実は、ロングスタイルは、その髪の重みから頭頂部に負担のかかりやすい髪型なんです。

頭頂部の負担を軽減しつつ、おしゃれに薄毛を隠しましょう。

全体的に髪のボリュームがないというひとは、ミディアムヘアで、
毛先にふんわりしたパーマをかけ、ボリュームアップ。

根元からパーマをかけてしまうと、髪に過度の負担をかけてしまいます。

ミディアムで顔周辺にボリューム感を持たせることで、
全体的なボリュームを出しつつ、すっきりまとまったスタイルにすることができます。

生え際が悩みという場合には、分け目をはっきりとつけないことが重要。
ぱっくり分かれた分け目の白さが、薄毛を強調します。

どうしても生え際が見えてしまうという場合には、
少しボリュームのあるターバン型のヘアアクセなどを使いましょう。

おしゃれ感のあるワンポイントを使用することで、他人の視線を外し、
かつ、生え際もカバー。

髪型を工夫して、薄毛の悩みを上手に隠していきたいですね。

■隠すのと同時にしたい、薄毛対策

ヘアアレンジで上手に薄毛隠し!でも、根本解決じゃないんですよね。
隠しつつ、その間にぜひ薄毛対策も実施していきましょう。

 

  • 頭皮に優しいヘアスタイルを
  • シャンプーを変えて毎日の薄毛対策習慣を

 

ヘアアレンジで上手に薄毛をカバーしても、
やっぱり薄毛じゃなくなったわけではありません。

ぜひ、アレンジと並行して薄毛対策も実施していきましょう。

まず、絶対に心がけたいのが、頭皮と髪に優しいヘアスタイルにすること。

先ほどもご紹介しましたが、ロングよりはショートの方が頭皮に優しいもの。
さらに、頻繁なカラーリングや脱色なども頭皮の健康の敵。

薄毛の原因をできるだけ排除したスタイルでおしゃれを楽しんでいきましょう。

そして、特別なケアをする時間がない!という人にもおすすめなのが、
毎日のシャンプーを変えること。

最近では、女性用のボリュームアップシャンプーや
頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーなどがたくさん販売されています。

現在使用しているものを変更するだけですので、手間いらず。
でも、なかなか効果があるんです。

ぜひ、時間がない!を言い訳にせず、
簡単にできるケアから始めていきたいですね。