薄毛が目立つ!上手な分け目、つむじの隠し方とは?

■女性の薄毛の悩み、どんなものが?

最近は女性でも薄毛に悩む人が増えているそう。
いつから?どこが?どんな風に薄毛になってしまったの?現状調査しました。

 

  • 薄毛に悩む女性が増えているって本当?
  • いつから?何がきっかけで薄毛に?
  • 薄くなってしまったのはどこ?

 

ふんわりとボリューム感のある髪は、女性を若々しくキレイに見せてくれますよね。
ただ、最近、女性でも薄毛に悩む人が増えていると言われます。

実は、私もその一人。

もともと毛量が多い方ではなかったのですが、
産後に多量の抜け毛を経験し、そのままボリュームダウン。

もう数年経過するのですが、毛量は戻らず、ぺったんこの髪に悩まされています。

調べたところ、私のように
出産を機に薄毛の悩みを抱えるようになる女性はとても多いんだそう。

ホルモンバランスが変化する影響で
産後には急激に抜け毛が発生する期間があります。

通常はある程度で終息するのですが、抜けすぎてしまったり、
このタイミングがきっかけとなって、慢性的な薄毛になってしまうこともあるんです。

他にも、仕事が激務になり、睡眠不足になったからという人、
ダイエットをしたら、髪の栄養分までカットしてしまったという人も。

具体的に薄毛になってしまった箇所としては、頭頂部だけでなく、分け目やつむじ、
全体的なボリュームダウンまで、お悩みポイントは多岐にわたります。

■どうしてる?薄毛女性の隠し方

薄毛になってしまうと、人と会う時に気になるので、外出も億劫に。
みんなはどう隠してる?薄毛の隠し方、注意事項をまとめました。

 

  • 最も優秀なアイテム?帽子
  • 頻繁なパーマでボリュームアップ

 

女性にとって、薄毛は大問題。
悩みを抱える人は、一生懸命隠そうと努力しています。

どんな方法で隠そうとしているのでしょうか?

まず、一番多いのが、帽子。
髪を隠すために最も優秀なアイテムと言えるかもしれません。

最近では、おしゃれな帽子がたくさんありますので、
ファッションの一部として帽子を選択することができますね。

ただ、この方法、注意したいことがあります。

まず第一に、ずっと帽子をかぶったままの頭皮は、蒸れやすいということ。

頭皮の清潔が保たれないと、
さらなる薄毛の原因となる可能性もありますので、注意したいですね。

もう1点注意したいのが、
帽子は取らなければならない場面に遭遇する可能性があるということ。

屋内に入ったり、食事をする際には、さすがに帽子をとりますよね。

せっかく隠していた髪も、
帽子をとったらいつも以上にぺったんこになっていることでしょう。

アイテムを使用して隠す場合には、帽子よりもヘアアクセがおすすめ。

アクセサリーなら、常に外す必要がないですもんね。

外出の際には、行き先などをよく考えて隠すグッズを選択したいですね。

そして、全体的な薄毛に悩む女性がよく実施する隠す方法が、パーマ。
ふんわりパーマをかけることで、全体的にぺったりした印象にならずにすみますね。

とても有効な方法なのですが、あまりに頻繁にパーマをかけ続けると、
髪と頭皮に大きな負担をかけてしまいますので、注意が必要です。

ボリューム不足の髪はパーマが取れやすいのが難点。

髪と頭皮に優しいパーマの種類もありますので、
サロンの美容師さんと相談してみましょう。

■お悩み別、上手な隠し方のおすすめ方法

薄くなった箇所別、上手な隠し方をご紹介!
髪と頭皮に優しく、薄毛を隠すことが重要なんです。

 

  • 真っ白分け目は、「分け目ナシスタイル」で隠す
  • つむじが目立つ場合にはショートでボリュームアップ
  • 全体的なボリュームダウンには、毛先パーマでふんわりと

 

女性の薄毛は、ヘアスタイルをアレンジして、上手に隠していきましょう!

まず、分け目が真っ白で目立ってしまう人は、
分け目ナシスタイルに変更しましょう。

毎日同じ場所で分けていると、どうしてもその場所から薄くなり、
分け目が目立ってきてしまいます。

思い切って、分け目をなくしてしまいましょう。
後ろから髪をもってきて、頭頂部付近から深めの前髪をつくり、直線的な分け目をなしに。

白い頭皮が見えなくなるだけで、
薄いという印象が驚くほど薄れますので、ぜひ試してみてください。

つむじが目立つ場合には、ショートスタイルがおすすめ。

ロングの場合には髪の重みでぺったりしがち。

ショートで、上手にブローしてつむじ付近をカバーするように膨らませます。

短い髪では隠れない!と思うかもしれませんが、
案外、短い髪の方が言うことを聞いてくれるもの。

動きのある髪型で、つむじから視線をそらしてしまいましょう。

もし全体的なボリューム不足が悩みの場合には、毛先パーマがおすすめ。

根元からかけてしまうと、頭皮に負担がかかりますし、何より、髪が少ないので、
全体的にふわっとしたまとまらない印象になってしまいます。

パーマを毛先だけにすることで、上部はすっきり、顔付近はふんわりという、
メリハリスタイルをつくることができます。

顔付近のふんわりヘアは小顔効果もありますので、一石二鳥。

おしゃれを楽しみつつ、
髪と頭皮に優しい薄毛隠しを実践していきたいですね。

■シャンプー選びって本当に重要なの?

最近よく目にする「薄毛対策用のシャンプー」。
これって本当に効果があるの?気になる情報、調査しました。

 

  • シャンプーは洗浄力が高ければいいものではない
  • 優しく髪と頭皮を洗うメリット
  • 髪に栄養分を補給する?オーガニックシャンプーが気になる

 

薄毛に悩むようになり、
いろいろ調べているとよく目にする、「薄毛対策用シャンプー」。

これって本当に効果があるの?と思い、調査してみました。

正直、シャンプーってただ髪を洗うだけでしょ?と思っていたのですが、
実は違うんです。

シャンプーには、いくつかの系統があり、それぞれ洗浄力の高さなどに
特徴があります。

市販されているシャンプーは、比較的洗浄力の高いものが多いよう。

洗浄力が高いと、洗いあがったあとのすっきり感が高かったり、
皮脂の洗浄力が強かったりというメリットがあります。

ただ、あまりに洗浄力が高いと、必要な頭皮の油分まで洗い流してしまったり、
髪にダメージを与えてしまうこともあるそう。

頭皮の状態と髪質にあったシャンプーを選択することが重要なんですね。

そこで、適度な洗浄力であると注目されているのが、アミノ酸系のシャンプー。

必要な頭皮の油分などを残すことができますので、
乾かしたとき、髪がふんわりするとの声が多数。

頭皮環境を正常化するには、オーガニックシャンプーがおすすめ。

化学肥料や農薬を使わずに作られた植物を原料としていますので、
頭皮への優しさだけでなく、安全性の高さも安心ポイント。

ただ髪を洗うというだけでなく、頭皮と髪をケアできるんですね。

頭皮環境の正常化は、薄毛対策の一番最初にして、一番大切なステップ。

私も、ただシャンプーを置き換えるだけならできる!と思い、
まずはオーガニックシャンプーで頭皮のケアを始めました。

特別な時間が必要ないケア方法ですので、忙しい人でも実践可能ですね。

ぜひ、ご自分の髪と頭皮に合ったシャンプーを見つけてみてください。