抜け毛改善は食事から!ダイエット後の薄毛を食い止める。

■要注意!きれいになれないダイエット方法

きれいになるぞ!とダイエットを決意。
でもその方法、本当に「きれいになれる」ダイエット方法?

 

  • とにかく痩せればきれいになる?
  • 老化が進む?間違ったダイエット方法
  • 食事制限ダイエットは要注意

 

きれいになりたい!そう思って、ダイエットを決意。
どんな方法でダイエットしましょうか?

運動がいいのはわかるけれど、大変だし、時間がかかりますよね。

そんなとき、手っ取り早く体重を減らすことができる方法で
ダイエットをしてしまうことがあります。

女性は、とにかく痩せればきれいになるのでしょうか?

実は、そうとは限りません。

間違った方法でダイエットを実施してしまうと、
なんと、きれいになるどころか、老化が促進される可能性があるんです!

その、要注意なダイエット方法が、食事制限ダイエット。

食事制限をすると、短期間で「体重」は著しく減少します。

しかし、それと同時に、筋肉量が低下してしまうばかりか、
抜け毛が進行して薄毛になってしまうこともあるんです。

女性だから薄毛には無縁、なんてことはないんです。

極端な食事制限をすることで薄毛になり、
髪のボリュームがなくなって「老けて見えるようになった」と悩む女性、たくさんいます。

せっかく、きれいのためにダイエットをして、
見た目の老化を進行させることがないようにしたいですね。

■抜け毛が進行!こんなとき、どうしたら?

食事制限ダイエットをして、抜け毛が増えてしまった!
こんなとき、どうしたらいいの?一刻も早く実施したい対処方法をご紹介します。

 

  • 抜け毛に対する対処はとにかく早く!
  • 原因を解消し、栄養を補うことが鉄則

 

食事制限ダイエットをして、抜け毛がひどくなってしまった!
こんなとき、どのように対処すればいいのでしょうか?

女性の薄毛は、全体的に進行します。
男性のように、目立った「ハゲ」の箇所が表れにくいのです。

そのため、女性の薄毛は、かなり進行するまで気付かなかったり、
なんとなく気付きながらも放置してしまいがち。

しかし、抜け毛が増えたということは、確実に薄毛が進行しています。

しっかり現実を見て、早く対処することが重要です。

食事制限ダイエットに伴う薄毛への、
最初の対処方法は必要な栄養分を補うことから。

必要な栄養分をしっかり摂取するようにしましょう。

ただたくさん食べるのではなく、バランスを重視することで、
せっかく減った体重を維持しながら不足分の栄養を補えるといいですね。

育毛のために必要なものを知り、効果的に栄養を補給していきましょう。

■女性の発毛のために良い食材、栄養分

効果的に栄養分を摂取するためには髪に良い栄養分を知ることから。
髪はどんなものを欲しがっているの?調査してみました。

 

  • 髪は何でできている?
  • 髪のためにぜひ摂取したい栄養分とは?
  • 食べるだけじゃない。頭皮からも栄養を補給

 

髪のために栄養を補給するため、
髪がどんなものを欲しがっているのか、調査してみました。

髪は、ケラチンという名称のタンパク質でできています。
そのため、食事でもタンパク質を摂取することがとても重要。

動物性、植物性のそれぞれのタンパク質をバランスよく摂取しましょう。

なかでも大豆のタンパク質は絶対におさえておきたいポイント。

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをします。
健康的な髪の育成のためにぜひ摂取したい栄養分です。

ビタミンもとても大切です。
ビタミンEは、抜け毛の原因と言われている過酸化脂質の生成を抑えます。

この過酸化脂質が抑制されることで、頭皮への血行が促進され、
抜け毛の抑制、元気な髪の毛の育成につながります。

このほかにも、もちろんミネラル分や亜鉛などもとても大切。
いいものを積極的に取り入れつつ、バランスをとることが重要ですね。

さらに、栄養分の補給は食事だけではなく、頭皮からも積極的に行いましょう。

おすすめは、シャンプーと育毛剤。

髪と頭皮を守り、頭皮環境を正常化するため、
シャンプーを見直してみましょう。

洗浄力の高すぎるシャンプーは、
頭皮に刺激を与え、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

おすすめは、オーガニックシャンプー。

適度な洗浄力で頭皮の油分を守りつつ、汚れはしっかり除去。

原料に化学肥料不使用の植物を使用していますので、
髪と頭皮への刺激も最小限に抑えることができます。

オーガニックのシャンプーで優しく洗ったら、育毛剤で栄養補給を。

育毛剤を選択するポイントは、女性用のものを選択することと、
栄養補給がメインのものを選択すること。

男性用の育毛剤は清涼感が強く、刺激が強め。
対して女性用のものはマイルドな刺激と香りで使用しやすくなっています。

女性用にもミノキシジルなどの育毛成分が配合されたものもあります。
しかし、食事制限ダイエット後にもっとも必要なのは、栄養分です。

ミノキシジルなどは、肌質によっては刺激となり、
肌荒れを起こしてしまうこともあります。

ちなみに、私もミノキシジルが合わなかったうちの一人。
自分の体質などをしっかり確認することが重要ですね。

育毛剤はできるだけ低刺激で、
頭皮に栄養分を届けられる育毛剤を選択しましょう。

■これは避けたい!育毛を妨げる食材や成分

髪に良い栄養分とともに知っておきたいのが、育毛を妨げてしまう食材や成分。
知っておくと安心の、避けたいものも調査しました。

 

  • 多量のアルコール分は頭皮の血行不良のもと
  • 刺激物、高脂肪の食事に注意
  • 頭皮にベタベタコンディショナーはNG

 

元気な髪の毛のため、避けたい栄養分や食材も知っておきたいですよね。

まず避けたいのが、多量のお酒。

少量でしたら、血行促進効果があり、頭皮の血行促進にも効果あり。

でも、多量に摂取すると、体がアルコールの分解に一生懸命になり、
頭皮に必要な成分がいきわたらなくなってしまいます。

また、辛いものなどの刺激物、ファストフードなどの高脂肪な食事もNG。

皮脂が過剰に分泌されるようになり、頭皮に炎症を起こしたり、
毛穴の詰まりの原因になります。

食事以外でも、毛穴の詰まりの原因としてやりがちNG行動なのが、
コンディショナーの使い過ぎ。

髪をさらさらにしてくれるコンディショナーですが、
これは毛先を中心に使用したいもの。

頭皮にベタベタとつけてしまうと、毛穴をふさぎ、
詰まりの原因になったり、べタッとしたぺたんこ髪の原因になります。

頭皮に必要なものではないのですね。

頭皮環境を悪化させる成分をよく知り、上手に避けていきたいですね。