この抜け毛、治る?産後・ダイエット後の女性の薄毛

■女性の薄毛の原因とは?

いまや男性だけのものではない、薄毛の悩み。
女性の薄毛の原因って、なんなのでしょうか?調査してみました。

 

  • 女性の薄毛の原因って?
  • 女性の薄毛はいろいろなタイミングで起きる
  • 原因を知って、対処方法を考える

 

薄毛って、長く男性特有の悩みだと思われてきましたよね。

私も、自分自身が薄毛に悩むようになるまではそう思っていました。
でも、薄毛について調べるようになって、女性でも多くの人が悩んでいることを知りました。

男性の薄毛は、遺伝的なものであったり、
男性ホルモンが多く分泌されることであったりと、比較的原因が少ないんです。

それに対し、女性の薄毛は原因がさまざま。
もちろん、男性と同じような遺伝的な原因もあります。

私の場合は、出産後の抜け毛がきっかけでした。

産後、多量に抜けていたのですが、忙しさでケアできずにいたら、
いつの間にか薄毛になってしまっていたんです。

他にも、ストレスが原因のケースもあります。
近年、女性の社会進出が進み、男性同様のライフスタイルになっていることも一因です。

また、閉経時期にはホルモンバランスが変化することで
抜け毛が進行するケースもあります。

女性特有の、ダイエットが抜け毛のきっかけになることも。

本当に女性の薄毛は、さまざまな要因が考えられるのです。

まずは原因を知ること。
それによって、対処方法が異なってきますね。

■対処で効果が出やすい薄毛、改善が難しい薄毛

男性の薄毛に比べて、女性の薄毛は改善しやすい!?
原因から、その理由を考えてみます。

 

  • もっとも改善が難しいのは遺伝的な要因
  • きっかけのある薄毛は対処しやすい
  • 根本原因を解消して、薄毛対策を

 

どうにか解消したい!薄毛の悩み。
実は、男性の薄毛に比べて、女性の薄毛は改善しやすいと言われているんです。

男性に多い、遺伝的な薄毛は、最も改善が難しいと言われています。
体質的な問題ですから、容易ではないのですね。

それに比べて、女性に多い薄毛は、原因やきっかけがあるもの。

たとえば、私のような産後の抜け毛がきっかけの場合、
ホルモンバランスの変化に伴うものと想像がつきますね。

過度の食事制限ダイエットが引き金となった薄毛の場合には、
栄養不足が原因の可能性大。

薄毛になったきっかけを考え、その根本原因を解消することが、
薄毛対策の最初のステップです。

原因が解消できたら、次はいよいよ、薄毛の対策に乗り出しましょう!

■薄毛対処、おすすめの方法とは

女性の薄毛には女性向けの対策を。
おすすめの薄毛、抜け毛対策方法をご紹介します。

 

  • 頭皮環境を整える
  • 頭皮から栄養補給して元気な髪に
  • 育毛剤は低刺激、高栄養のものを

 

一度薄毛状態になってしまったら、
徹底したケアで髪と頭皮を元気な状態に戻しましょう。

そのためにまず私が実施したのが、頭皮環境の改善。

それまで市販のシャンプーを使用していたのですが、
洗浄力が高い反面、頭皮に刺激が強すぎることが判明。

適度な洗浄力で、必要な皮脂を残しながら洗うことのできる、
オーガニックシャンプーを使用し始めました。

頭皮に優しいシャンプーはさまざまありますが、オーガニックタイプは、
その原料まで安心ですので、とにかく低刺激であることが嬉しいポイント。

毎日のシャンプータイムを頭皮ケアタイムにできますね。

そして、頭皮環境を整えたら、栄養補給を。

薄毛になってしまっている頭皮には、必要な栄養分が届いていません。
育毛剤を使用して、効果的に栄養補給をしましょう。

この時注意したいのが、必ず「女性用」の育毛剤を使用すること。
男性用のものは清涼感があったりして刺激が強く、女性には向きません。

さらに、先ほどもご紹介した通り、男性と女性の薄毛の原因はことなりますので、
期待ほどの効果が得られない可能性が大。

女性用の育毛剤の中でも、おすすめなのは「育毛成分配合!」というものよりも、
頭皮に栄養補給をするようなもの。

育毛成分の種類にもよりますが、
成分によっては刺激が強いものも少なくないんです。

私は、ミノキシジルという、発毛に効果があると言われている成分配合のものを使用し、
肌荒れしてしまいました。

肌質や体質によるところが大きいと思いますが、使用には少し注意が必要ですね。

女性の薄毛対策には、頭皮への栄養補給がとても効果的。
優しく洗った頭皮に、優しい栄養補給。

これが、女性の薄毛対策のおすすめプランです。

■薄毛にならない生活習慣のすすめ

薄毛対策と並行して考えたい、薄毛にならない生活習慣とは?
少しの意識でできる、毎日の気を付けたいポイントをご紹介します。

 

  • 食生活は髪に影響大!
  • 日々のヘアケアを見直す
  • 小さな変化も見逃さない

 

しっかり薄毛対策をすることはとても重要。
そして、それと並行して、薄毛になりにくい生活習慣を心がけることも重要ですね。

私が薄毛になってから、いろいろと調査して
「ここは気を付けよう!」と日々心がけている、小さな注意ポイントをご紹介します。

簡単なことばかりですので、ぜひ実施したい項目です!

まず、食生活に注意すること。

私の場合は、子供の世話に追われたりして、
つい自分の食事をてきとうに済ませてしまっていました。

でも、食べたものというのは、当然ながら体を作っていくために大切なもの。
髪の毛もその例外ではないんです。

髪の毛はタンパク質でできていますので、
良質なたんぱく質をしっかり摂取することが重要。

もちろん、それだけでなく、バランスの良い食事をすることが、
体全体の調子を整え、血流を促進し、結果的に薄毛の対策になるんです。

特に意識して摂取しているのは、大豆由来の植物性タンパク質とビタミンE。

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに似た働きをしますので、
ぜひ摂取したいですね。

そして、毎日のヘアケアでも少し注意ポイントが。

まず、コンディショナーのべた付けを辞めました。

髪をきれいにしようと、つい多量にコンディショナーを使用していたのですが、
これが頭皮にべったりつくと、毛穴の詰まりの原因に。

コンディショナーは毛先を中心に使用するのがいいそうです。

そして、面倒で自然乾燥していた髪をドライヤー乾燥に。
自然乾燥は、髪の過度な乾燥と、頭皮の蒸れのもとになるんです。

強めの風で、短時間にさっと乾かすのが理想的なケアなんですね。

そして最後に、自分の髪をときどきゆっくり見ること。
分け目の感じ、頭頂部の感じなど、自分で観察してみましょう。

そうすることで、小さな変化にも気づけますね。
気付けば対処が可能なこと、たくさんあります。

これくらい大丈夫と、現実逃避せず、
しっかり現状を確認して効果的な対処をしていきたいですね。