原因は?髪の毛が急に細くなった時に考えたいこと

■髪のボリューム不足、抜け毛?それとも?

最近、髪全体のボリュームがダウンしたような気がする。
老けて見えてしまう髪の減少は、抜け毛が原因?それとも?

 

  • 髪のボリュームが減少すると、印象が変わる
  • 抜け毛が増えていないのにボリュームダウンする原因とは?

 

女性にとって、とても大切な髪。
おしゃれなヘアースタイルのためには、元気でハリのある髪が必須!

でも実は最近、女性の薄毛に悩む人が増えているんです。
女性の薄毛の特徴は、全体的にボリュームダウンすること。

そのため、なかなか変化に気付かず、
いつの間にか薄毛になっているというケースが珍しくないんです。

ぺったんこになってしまった髪は、全体の印象を変えてしまいます。
かなり老けた印象になってしまうことも。

そのボリュームダウン、どうして起きたのでしょうか?

抜け毛が増えた場合は、その変化に気付きやすいのですが、
実はそうでなくても薄毛が進行することがあるんです。

それは、髪自体が細くなってしまうケース。

全体の髪の毛の本数はさほど変化していなくても、
髪が細く元気がなくなってしまってくると、見た目のボリュームはダウンしてしまいます。

抜け毛じゃないのに、なんだか髪の様子が変わってきたという場合、
髪が細くなっている可能性も考えてみる必要がありそうですね。

■髪の毛が細くなる原因とは?

急に髪が細くなってボリュームダウンしてしまった!
どうして髪が細くなる?その原因を調査しました。

 

  • 髪は何でできている?栄養不足の観点から。
  • 栄養以外にもある、髪が細くなる原因
  • 髪の元気、簡単セルフチェック

 

気付かないうちに、髪の毛が細くなって元気がなくなってしまった!
そもそも、髪の毛って何からできているのでしょうか?

実は、髪の毛はタンパク質でできています。

お肉やお魚などの動物性タンパク質と、大豆などの植物性タンパク質、
その両方が必要となります。

そのため、食事でタンパク質が不足してしまうと、
髪の毛の元がなく、元気な髪を生成することができなくなってしまうのです。

もちろん、タンパク質させあればいいというものではありません。

髪の毛を作るためには、栄養分を頭皮に運んでくれるビタミンEや、
タンパク質を髪の毛に変えてくれる亜鉛が欠かせません。

特に、この亜鉛が不足すると、
弱い髪しか生えてこなくなってしまいますので、要注意です。

また、栄養不足以外にも髪の毛が細くなる原因として考えられるのが、ストレス。

強いストレスを感じている状態では、頭皮が硬くなり、
正常な血流が保たれなくなっています。

この状態が続くと、頭皮が栄養不足になり、
結果、そこから生えてくる毛も細く弱弱しいものになってしまうと言われています。

女性は、ホルモンバランスや自律神経の乱れによっても
頭皮環境が大きく左右されます。

髪が細く、元気がなくなってきたかな?と思ったら、
抜けた髪を軽く結んでみてください。

元気な髪は弾力がありますので、結んだ時に元に戻ろうとする力が働くもの。

栄養不足で弱った髪は、抵抗なく結ぶことができてしまいます。

なかなか気にすることのない、髪の元気。
簡単な方法ですので、ちょっとチェックしてみてくださいね。

■太くて元気な髪にするために

弱ってしまった髪を元気にしたい!
太くてハリのある髪にするために、ぜひしたいことをご紹介します。

 

  • 栄養バランスの取れた食事を!
  • 足りない栄養分はサプリで補給
  • 頭皮からも栄養補給して髪を元気に!

 

細く弱弱しくなってしまった髪、どうにか元気にしたい!
そんな時ぜひ実施したいこと、調査してみました。

まず、食生活の見直しから。

私たちの体は、やっぱり食べたものでできているんですよね。
栄養バランスの取れた食事、とても大切です。

忙しくて偏ったものしか食べていなかったり、
ダイエットのために食事制限してしまっていたり。

それらが原因で生じる髪のボリュームダウンも珍しくありません。

髪を構成するタンパク質はもちろんのこと、ビタミンやミネラルも忘れずに。

どうしても忙しくてそんな暇ない!という場合には、
足りない栄養分をサプリに頼るのもいいですね。

そして、栄養補給は頭皮からも。

頭皮への刺激を最小限にして、栄養分を補給してあげることで、
内側からだけでなく、外側からも髪を元気にしていきましょう。

具体的には、低刺激のシャンプーと育毛剤を使用するのがおすすめ。

シャンプーは、洗浄力の強さよりも優しさで選びましょう。

最近注目されているオーガニックシャンプーは、
その原料にもこだわっていますので、頭皮に安心。

毎日使用することで、頭皮環境を整えてくれます。

そして、育毛剤は必ず女性用のものを使用しましょう。
女性の頭皮に、男性用の育毛剤は刺激が強すぎます。

シャンプーも育毛剤も、優しさ重視で選択したいですね。

食べ物などの栄養で、内側からの栄養補給。
シャンプーと育毛剤で外側からの栄養補給。

この合わせ技で、元気な髪を育てていきましょう。

■髪を守るためにぜひつけたい習慣とは?

毎日の何気ない生活のなかでも、元気な髪を育てるためにぜひ実施したいポイントが。
少しの意識で元気な髪を育てていきましょう!

 

  • 正しいヘアケアで髪を守る
  • 頭皮環境を正常に保つ工夫を

 

元気な髪を育てるため、しっかり栄養補給をしたら、
毎日の生活でも少し意識したいポイントをご紹介しますね。

まずは、ヘアケアの見直し。

髪のためを思って実施しているヘアケア、もし間違った方法で実施していると、
せっかくのケアで髪を痛めてしまっているかもしれません。

たとえば、頭皮の汚れをしっかり落とした方がいいからと、
1日なんどもシャンプーをする。

実は、これ、NG行動。
頭皮の必要な皮脂まで落としてしまうので、注意が必要です。

髪をきれいにしようと、コンディショナーを使いすぎるのもNG。
今度は毛穴の詰まりを引き起こし、元気な髪が生えてくるのを阻害してしまいます。

他にも、髪を自然乾燥させていると、頭皮が長時間蒸れた状態になり、
頭皮環境の悪化を引き起こします。

強めのドライヤーでさっと乾燥してあげたいですね。

長時間の防止の着用も、ちょっと注意が必要。
帽子の中、想像以上に蒸れてしまっているかもしれません。

一つ一つは小さなことですが、
少しずつ気を付けて、髪と頭皮を元気な状態に保ってあげたいですね。