円形脱毛症は女性にも多い!病院は何科に行けばいい?

■丸いハゲができた!これが円形脱毛症?

10円ハゲなんて言葉を聞いたことはあったけれど、もしかして、
急にできた円形のハゲ、これは円形脱毛症?その症状をご紹介します。

 

  • 円形脱毛症ってどんな症状?
  • 円形脱毛症の種類とは
  • 放置しても大丈夫?

 

ある日、ふと気付くと頭に円形のハゲが!

話には聞いたことがあっても、
急に髪の毛が抜け落ちていると焦ってしまいますよね。

その円形の脱毛、その名も円形脱毛症かもしれません。

円形脱毛症とは、
自覚症状がほとんどないままに、突然円形のハゲに気付くのが一般的。

その形は円形で、髪のある部分との境界がはっきりしているのが特徴です。

一番一般的な症状は、単発型円形脱毛症と呼ばれるもので、
一つ程度の円形のハゲが急にできてしまうというもの。

多発型円形脱毛症では、単発型の症状が2か所以上で生じる症状。
できる場所によっては、複数の脱毛箇所が結合して、大きなハゲになってしまうことも。

そして、全頭型円形脱毛症とは、
多発型がさらに進行し、頭部のほとんどの毛が抜けてしまう症状。

円形脱毛症といっても、ただ小さなハゲができてしまうだけではない
可能性があるのですね。

よく、「10円ハゲは放っておいても治る」なんて言われますが、
必ずしも治ってくれるとは限りません。

脱毛には、さまざまな体の不調が関連していることも。

たかがハゲと思わずに、できるだけ早く対応できるようにしたいですね。

■円形脱毛症はどんな人がなるの?

そういえば、自分の母親も円形脱毛症になったことがあると聞いたことが。
もしかして、円形脱毛症って遺伝なの?それとも、ストレス?

 

  • 円形脱毛症になりやすい人とは?
  • 円形脱毛症は遺伝する?
  • 女性が注意したい「脱毛」のタイミング

 

円形脱毛症って、どんな人がなりやすいのでしょうか?

円形脱毛症になった人が、「うち、親もそうだったからなぁ」と言っているのを聞いて、
ふと円形脱毛症って遺伝なの?と思い、調査してみました。

結果、実は、遺伝性があるんだそうです。

ただ、遺伝といっても、親が円形脱毛症になったから、
必ず子供も同様の症状が出るというものではありません。

「円形脱毛症になりやすい体質」というものが遺伝するということなのです。

親が経験者の場合は、
自分はちょっとなりやすいかも?と思っておくといいですね。

そして、よく耳にする「ストレスが溜まりすぎてハゲができた」というもの。
ストレスフルな人ほど、円形脱毛症になりやすいのでしょうか?

実は、ストレス自体が直接、
脱毛を引き起こすという関連性は確認されていません。

ただ、ストレスが溜まっている状態では、自律神経をはじめ、
体のいろいろな箇所に異常をきたしてしまっている可能性があります。

そのため、ストレスが体の異常を誘発して、
結果、円形脱毛症を引き起こす可能性はひていできませんね。

このほか、女性特有のものですが、産後や閉経の前後も要注意なタイミング。

この時期は、急激にホルモンバランスが変化します。
髪とホルモンバランスは密接な関係がありますので、
この時期に適切なケアをしないと脱毛が進行してしまうことも。

女性にとって大切な髪、しっかり守っていきたいですね。

■何科に相談?どれくらいの期間で治るもの?

円形脱毛症になってしまった!こんなとき、病院は何科に行けばいいの?
どれくらいで治るの?気になる情報、調査しました。

 

  • 円形脱毛症だ!何科に行けばいい?
  • ハゲがあるままじゃ外出も嫌。どれくらいで治る?

 

円形脱毛症ができてしまったとき、「早めに病院に!」と思っても、
さて、脱毛って何科に行けばいいのでしょうか?

ご紹介した通り、ホルモンバランスの乱れが原因の脱毛などの場合には
婦人科などでも相談可能ですが、最初から原因は分かりにくいもの。

円形脱毛症になった場合には、まず皮膚科に相談しましょう。

皮膚科の先生が、症状を確認するとともに、
病歴やアレルギーなどの合併を起こしていないかなどをチェックしてくれます。

治療は原因や状態に応じてさまざまですが
患部に直接塗る外用のステロイド剤が処方されることが多いようです。

このほか、内服薬や、場合によっては健康保険対象外の治療も
選択可能な場合もあります。

そして、気になる治療期間ですが、こちらは個人差が大きいところ。

早い人は、半年ほどで完治するケースもあるようです。
でも、人によっては治療に数年を要することも。

円形脱毛症は症状の軽いうちに処置することで、
より治療効果が高くなると言われています。

円形脱毛症かな?と思ったら、
できるだけ早く皮膚科を受診するようにしたいですね。

■頭皮をケアするために今すぐしたいこと

常々、頭皮環境を健全な状態に保つことはとても重要。
髪と頭皮のために、ぜひ今から始めたい習慣をご紹介します。

 

  • 体は食べたものでできている。髪も一緒。
  • 頭皮に過度な刺激を与えない生活を
  • 少しの変化にも気づくことが早期発見の秘訣

 

円形脱毛症に限らず、髪の毛のトラブルはできるだけ未然に防ぎたいもの。

そのためには、頭皮を健康な状態に保っておくことがとても重要になってきます。

髪と頭皮のために、ぜひすぐに始めたい生活習慣のポイントをご紹介します。

まず、しっかりバランスよく食べること。

一見、髪に無関係なような食事のことですが、
我々の体は食べたものでできています。

もちろん、髪の毛もそう。

髪の毛を構成するタンパク質、元気な髪をつくるビタミンEなどを
しっかり食事から摂取することが大切です。

外部からの刺激を極力与えないことも重要です。

頻繁なパーマやカラーは頭皮への刺激大。

さらに、毎日使うシャンプーも、
できるだけ低刺激のものを選びたいですね。

おすすめは、オーガニックシャンプー。

化学合成肥料不使用の植物が原料となっていますので、
髪と頭皮を守りながら洗うことができます。

そして、何より、自分の髪の変化に気付くこと。

抜け毛が増えた、髪にハリがなくなったなど、
小さな変化にもできるだけ早く気付けるようにしましょう。

早く気付いて早く対処することが、髪と頭皮を守るためにとても重要です。