20代でも髪の毛が薄い!?若い女性にも薄毛の危険がいっぱい!

■女性でも!若くても!薄毛は誰でもなるもの

薄毛というと、比較的高齢の男性の悩みというイメージ?
でも実は、誰でも薄毛になる危険性があるんです。

 

  • 薄毛になるのは男性だけ?
  • 薄毛の原因は一つではない
  • 女性でも、若くても薄毛になる危険性大!?

薄毛に悩んでいるという声を聞くと、
多くの人が男性のお悩みだと思うのではないでしょうか?

私も、自分自身が悩むようになるまでは、そう思っていました。

でも、実は薄毛って、男性だけのものではないんです。
さらに、比較的高齢の方だけの問題でもない。

そう、薄毛は若くても、女性でも無関係ではないお悩みなんです。

薄毛の原因は一つではありません。

よく知られている、遺伝性のものや男性ホルモン過多のもののほかに、
女性ホルモンや自律神経のバランス異常、栄養不足なども原因に。

原因の中には、若い女性こそ気を付けたいものもたくさんあるんです。

けして他人事ではない、薄毛のこと、しっかり知っておきたいですね。

■若い女性が薄毛になるタイミング

若い女性が薄毛になってしまうきっかけって?
しっかり知っておきたい、女性の体のこと、薄毛との関連性。

 

  • 妊娠、出産は女性ホルモンが大きく変動するとき
  • 若い女性こそ注意したい!ダイエットが薄毛の原因に?
  • 毎日お仕事大変。女性もストレス社会にいます

実は若い女性でも薄毛に悩んでいる人が多いのが現実。
どんなきっかけで薄毛になってしまうのか、比較的若い女性の薄毛原因を調査しました。

まず一番多かったのが、出産を機に薄毛になってしまった!という声。
実は私もこのケース。

妊娠、出産の時には、目に見えませんが女性ホルモンが劇的に変化します。
髪はその変化の影響を受けるのです。

そのため、産後には「産後抜け毛」なんて呼ばれる、
抜け毛が一時的に増加する期間があります。

多くの場合、この抜け毛増加は一時的なもので、しばらくすると元通りになってくるもの。

しかし、慣れない育児などで体調を崩しがちな産後には、
ホルモンバランスがなかなか元に戻らず、抜け毛も終息しないということがあるんです。

その結果、抜け毛が長期化し、薄毛状態に。

一度薄毛になってしまうと、
しっかり対策をしなければ元に戻らないケースが多いようです。

他にも多くの女性が薄毛のきっかけとして挙げるのが、ダイエット。
ダイエットにもたくさんの方法がありますが、問題は食事制限ダイエットのようです。

美容に敏感な若い女性の間では、常に「○○ダイエット」なるものが流行します。

時には特定のものしか食べない、
「単品ダイエット」や逆に特定のものを食べない「○○抜きダイエット」など。

このようなダイエットでは、必要な栄養分が不足しがち。

食事から摂取する栄養分は、私たちの体を作る大事な栄養源です。
それは、髪の毛も同じこと。

栄養が不足すると、元気な髪が作られなくなり、
結果、薄毛になってしまうというのは、考えてみると当然のことですね。

そして、薄毛の原因として忘れてはならないのがストレス。

最近では女性も社会進出が進んだり、核家族化で
一人で家事と育児をすることでストレスを感じることが多くなっていると言われます。

強いストレスを感じている状態では頭皮が硬くなっており、
十分な栄養が行きわたりにくくなるんです。

さらに、自律神経にも影響を及ぼし、抜け毛が増加することも。

若い女性の生活にも、薄毛の危険はいっぱいです。

■女性の薄毛の特徴と注意したいポイントとは?

女性の薄毛の特徴を知り、注意したいポイントをおさえる!
薄毛対策は自分を知ることから。

 

  • 女性の薄毛の特徴って?
  • こんな変化に注意!薄毛のサインを見逃さない
  • 時々チェック。自分の生活を振り返る時間を

薄毛に悩む女性が増えたとはいえ、
男性のようにあからさまな「ハゲ」という状況を目にすることってあまりありませんよね。

実は、男性の薄毛と女性の薄毛とでは、特徴に違いがあるんです。

女性の薄毛の多くは、全体的に進行します。
抜け毛が全体から始まり、だんだんと髪のボリュームがダウン。

それにともなって、分け目やつむじが目立ったり、
トップがぺったんこになったり。

このような経過をたどりますので、しっかり注意しておかないと、
なかなか薄毛が進行していることに気付かないことがあるんです。

最近、抜け毛が増えた?
髪にコシがなくなってきたかも。

そんな印象を受けたら、それは薄毛進行のサインかも。

薄毛対策は早ければ早いほど、効果的。
早期発見が重要なんです。

ときどき、合わせ鏡を使ってつむじの状態をチェックしてみましょう。
顔だけじゃなく、少し頭を下げて、分け目も鏡にうつしてみましょう。

大切な髪のこと、少し気にかけてあげることが、
変化にいち早く気付くために重要なことです。

■毎日の生活で薄毛を改善!

薄毛になってしまったら、焦らず生活習慣の見直しを。
薄毛原因となるような、こんな生活、送ってない?

 

  • 規則正しい生活を
  • 化粧品を選ぶように、シャンプーも選んでみる

薄毛になってしまった、という場合、
そのまま放置して自然と改善するというのは稀なこと。

やはり、日々の生活や原因を振り返ってみることが重要となります。

ストレスたっぷりで、飲み会続き!なんてこと、ありませんか?
毎日忙しくて、睡眠不足だったり?

忙しいから、つい食事はインスタントものだけになってしまっていたり。

抜け毛は薄毛のサインだけでなく、体の不調のサインかも?
自分の体に優しい生活を心がけてみましょう。

そして、ケアも重要。
化粧品にはこだわるのに、シャンプーは適当に選んでしまっていませんか?

頭皮も皮膚の一部。
優しいものを選んであげたいですね。

最近、ノンシリコンやアミノ酸系など、
頭皮のことを考えた商品が注目されています。

髪は女性のおしゃれの基本。
スキンケア発想で、シャンプーも選んでみてください。

悩みは薄い分け目。女性の髪を元気にする方法、ご紹介します!

■分け目薄毛は、自分で作ってしまっていた?

ぱっくり分かれて白く目立った分け目は、「薄毛」を象徴するもの。
実はその分け目薄毛、自分で作ってしまっているかも?

 

  • 分け目が薄くなる原因とは?
  • 女性の薄毛は全体的に進行する

女性だからと無縁ではない、髪の悩み。
最近では薄毛に悩む女性も少なくありません。

実は、私もその一人。

産後の抜け毛を放置してしまい、
気が付くと全体的に薄毛のまま数年が経過してしまいました。

髪のボリュームがなくなると、全体的に老けた印象になってしまうだけでなく、
分け目などが白く目立って残念な状態に。

女性の薄毛は男性のものと異なり、
全体的に抜け毛が進行する傾向にあるんだそう。

女性は分け目などが目立つ薄毛になりやすいんですね。
これはどうにかしたい!と分け目薄毛について調べてみました。

その結果、何気なくしていた行動で、
実は分け目薄毛を加速させてしまっていたかもしれないことが判明。

分け目を薄くしないために、こんな行動に注意!なポイントをご紹介します。

■ぱっくり分け目が加速する?すぐにやめたいNG習慣

おしゃれのためには欠かせない、ヘアアレンジ。
でも実は、それがぱっくり分け目を悪化させているかも?

 

  • ロングヘアーは薄毛の大敵?
  • 牽引性脱毛症って?
  • 頭皮に負担をかけないふんわりアレンジを

おしゃれなヘアスタイルやヘアアレンジは、女性にとって欠かせないもの。

でも、その方法次第では、
実はぱっくり分け目を悪化させてしまっている危険性があるかも?

薄毛に悩むなら、すぐに辞めたいNG習慣をご紹介します。

まずは、ロングヘアー。
ロング大好き!という女性は多いと思いますが、薄毛の場合は避けたい髪型。

実は私も、長年ロングヘアーでした。
でも、薄毛に悩むようになって、美容師さんに最初に指摘されたのが、髪の長さ。

ロングは、頭皮に大きな負担をかけやすい髪型なんです。

長い髪は重く、頭皮を引っ張ります。
特に分け目に大きな負荷がかかっているんですね。

シャンプー後の濡れた髪はさらに重さを増し、頭皮にかかる負荷はかなりのもの。
その状態でブラッシングなどをしてしまうと、頭皮は強く引っ張られることになります。

1日あたりの負荷は小さくても、
これを毎日繰り返すことで、だんだんと分け目が広がってしまうんだとか。

さらに、ロングの髪は重く、トップにボリュームを持たせるのが難しいため、
分け目周辺がぺたっとしやすく、白いわけ目が目立ちやすくなります。

確かに、ぱっくり分け目に悩むなら、
ロングは避けた方がよさそうですね。

他にも、注意したいヘアアレンジがあります。
それは、編み込みやポニーテール、ツインなど、頭皮をぎゅーっと引っ張ってしまうもの。

頭皮を長時間引っ張った状態にしていると、その分け目を中心に、
頭皮に負担がかかり、だんだんと分け目が開いてきてしまうことがあります。

牽引性脱毛症と呼ばれ、
特に薄毛の人はその症状が顕著にあらわれやすいので要注意。

薄毛を隠すためにヘアアレンジを、という場合には、
頭皮に負担をかけないようにふんわりとアレンジすることがポイントですね。

■髪をボリュームアップさせるための食生活

元気な髪の秘訣は食生活にあり!
髪をボリュームアップさせてくれるおすすめ食生活をご紹介します。

 

  • 髪の原料、タンパク質を摂取して元気な髪に
  • 女性にぜひおすすめしたい、大豆たっぷりなメニュー
  • 女性の大敵、冷えにも効果あり!一石二鳥な薄毛対策メニュー

薄毛に悩むようになって、改めて実感したのが食生活の重要性。

私たちの体は、食べたものでできています。
それは髪の毛も例外ではないんですね。

髪の毛はタンパク質でできています。
元気な髪の毛を作るためには良質なたんぱく質が必要不可欠!

ダイエットでキャベツばかり食べている場合ではありません。
しっかりとバランスの取れた食生活をこころがけましょう。

そこで、今回は女性にぜひおすすめしたい、
カロリー控えめで薄毛対策に効果が期待できる嬉しいメニューをご紹介します。

まず一つ目は、豆乳鍋。

薄毛対策に欠かせない、大豆イソフラボンをたっぷり含んだ豆乳を使用し、
さらに具材に豆腐を入れることができる、大豆たっぷりのメニュー。

具材に牡蠣や豚肉、たっぷりの野菜を投入すれば、
亜鉛やビタミンなど髪の毛を作るために欠かせない必要栄養素が一度に摂取可能。

豆乳は美肌効果も期待でき、
野菜中心にすることもできるのでカロリー調節も可能。

豆乳鍋は、女性の薄毛対策の優秀メニューです。

次にご紹介するのは、生姜入り豚汁。

タンパク質豊富なお肉の中でも、豚肉はビタミンBも同時に摂取できることから、
薄毛に悩む人におすすめしたい食材。

ビタミンBは、タンパク質を髪の毛に変える働きを促進してくれる、
重要な栄養分なのです。

豚汁は、そんな豚肉と野菜類を手軽に摂取可能なお手軽メニュー。
さらに、味噌を使用しますので、大豆まで取り入れることができますね。

ここに、生姜を投入すると、女性の大敵である冷え解消も期待でき、
まさに一石二鳥。

冷えは全身の血行を悪くし、頭皮に栄養が届きにくくなります。

薄毛対策しながら、冷えも解消。
作り方も簡単な豚汁は、女性の味方ですね。

■生活習慣で髪は変わる!髪にいい習慣は肌にもいい!

髪にいい生活習慣は肌にもいい!
女性がぜひ心がけたいことをご紹介します。

 

  • しっかり食べて、しっかり寝る
  • 適度な運動で血行促進
  • 適度なケアを忘れない

薄毛対策のために欠かせないことといえば、
生活習慣の見直しもその一つ。

しっかり食べることの重要性は先ほどご紹介しましたが、
しっかり寝て、しっかり運動することもとても重要。

適度な運動は、全身の血行を促進し、肌の代謝を促します。

頭皮も肌の一部。
頭皮の健康を考えることは、お肌の健康を考えることにもなるんですね。

適度なケアも忘れてはいけません。

お肌は一生懸命紫外線から守るのに、頭皮は放置してしまっていませんか?

頭皮にとっても強い紫外線は大敵。
帽子などでカバーすることを忘れないように。

また、洗顔を選ぶように、シャンプーも優しいものを選択しましょう。

最近話題の「ノンシリコン」「アミノ酸系シャンプー」「オーガニック」などは、
頭皮の健康を考えた商品。

頭皮に優しい生活習慣を心がけ、薄毛対策をしていきたいですね。

若くても薄毛に?髪の薄い女性芸能人からみる、女性の薄毛の特徴とは

■あれ?この女優さん、髪の薄い?

最近、髪の毛が薄くなってしまった。そんな悩みを抱えるようになったら、
意外と目につく薄毛の女性。あれ?この芸能人も薄毛?

 

  • 意外といる!薄毛の女性芸能人
  • 薄毛女性の年齢はバラバラ
  • 薄毛女性の印象って?

なんだか最近、髪の毛が薄くなったような気がする。
そんな悩みを抱えるようになると、つい他人の髪が気になってしまうものですよね。

そんな視点でテレビを見ていると、
案外芸能人にも薄毛の女性っているものだなと気付きます。

私が最初に気になったのは、麻木久仁子さん。

前髪をぱっくり分けた、おでこが見えるヘアースタイルが印象的ですが、
なんだか最近、どんどんおでこが広くなっているような?

トップもだんだんボリュームダウンしてきて、ぺったんこです。

広末涼子さんも薄毛だなあと思う女優さんの一人。

もともと、すっきりしたショートスタイルがトレードマークの女性ですが、
冷静に見てみると生え際が目立っています。

ロングの時代は、その重さからか、
さらにぺったんこな髪になり、薄毛が際立っていました。

井上真央さんも最近、前髪薄毛が気になる女性。

制服を着るような役柄の時は、前髪を厚めに垂らしていましたので
気にならなかったのですが、最近の時代劇などでアップにした額はちょっと衝撃。

つい、「おでこ広すぎじゃないか?」と
画面に突っ込みそうになってしまうレベルです。

こうして見てみると、薄毛が気になる女性って、年齢がバラバラなんですよね。
薄毛は高齢女性だけの問題ではないということ。

やっぱり薄毛女性って、なんだか少し実年齢よりも上に見えがち。
もちろん、女優さん方はとってもキレイですので、薄毛でも美人さん。

ただ、どうしても実年齢よりは上に見えますね。
よく言えば落ち着いて見えますが、悪く言えば老けている。

これが一般人だったら・・・ちょっと残念な印象になってしまうかもしれませんね。

■年齢だけじゃない、女性が薄毛になる原因とは

薄毛女性の年齢はバラバラ。
加齢ではなく、女性が薄毛になる原因ってどんなもの?

 

  • 女性の薄毛の特徴とは
  • 若い女性も要注意!栄養不足とストレス
  • ホルモンバランスの変化で髪が抜ける

実際に薄毛の女性を思い浮かべてみると、その年齢がバラバラなことから、
女性の薄毛は加齢だけが原因ではなさそう。

女性の薄毛って、どうして起きるのでしょうか?

女性の薄毛は、男性の薄毛とことなり、分かりやすく「ハゲ」ができるのは稀。

全体的に抜け毛が進行し、分け目や前髪が薄くなったり、
全体のボリュームがなくなってしまうのが特徴です。

このような女性特有とも言える薄毛は、
栄養不足やストレスなどが原因となることがあるんだとか。

たとえば、若い女性がトライしがちなダイエット。
食事制限をして、必要な栄養分が不足してしまうと、元気な髪の毛が作られず、薄毛に。

また、強いストレスを感じていると、頭皮の血行が促進されなかったり、
自律神経の乱れを引き起こし、抜け毛が増加したり。

他にも、ホルモンバランスの変化に伴って抜け毛が増加することもあるんです。

出産や更年期など、女性ホルモンのバランスが大きく変化するタイミングは、
抜け毛要注意の時期。

女性の生活スタイルの中には、
案外薄毛の原因となるものがたくさんあるんですね。

若くても、薄毛のリスクあり。
要注意です。

■薄毛が目立つ髪型、カバーできる髪型、薄毛を加速させる髪型?

薄毛になってきたら、どんな髪型にすれば上手にカバーできるのでしょうか?
おすすめの薄毛隠し方法と、要注意な薄毛を加速させてしまう髪型をご紹介!

 

  • こんな髪型は薄毛が目立つ!
  • 薄毛隠しにはショートスタイルが大活躍
  • こんな髪型は危険!もっと薄毛になってしまうリスク大

薄毛はどうにかして隠したいもの。
どんな髪型にすれば、上手に薄毛を隠すことができるのでしょうか?

まず、薄毛が目立ってしまう髪型をご紹介します。

前髪薄毛が目立つのは、薄い前髪が額にぺたっとくっついている状態。
前髪のボリューム感のなさが、際立ってしまいます。

分け目の薄さ、ボリューム感のなさが目立つスタイルは、ロングヘアー。

長い髪は重いので、トップにボリューム感を持たせるのは大変。
分け目もぱっくりしがちで、ロングは薄毛が際立つスタイルです。

それに対し、上手に薄毛を隠せるのはやっぱりショート。

ふんわりとボリューム感を持たせることもできますし、毛先のアレンジも簡単。

隠したい箇所に応じて、髪の流れを変えることで
おしゃれしながら薄毛隠しができる、優秀スタイルです。

ロングでも髪をまとめてしまえば薄さが分からなくなる!と、
ポニーテールやツイン、編み込みなどにする方もいますが、髪の引っ張りすぎには要注意。

髪を左右や後ろに引っ張りすぎてしまうと、
強く引っ張られた箇所の生え際や分け目が白く目立つようになります。

このような髪型は、薄毛を加速してしまう危険性がありますので、注意が必要ですね。

■薄毛の対策には「栄養」と「時間」が必要

女性の薄毛対策に必要なものって?
必要以上に焦らずに、じっくり対策を。

 

  • しっかり栄養を摂取する
  • 薄毛対策は1日にしてならず。
  • 薄毛のストレスで薄毛を加速しない

上手にヘアスタイルで薄毛を隠しつつ、薄毛の対策も実施したいもの。

そのためにまず必要なのは、栄養です。
食事から必要な栄養分を摂取するのはもちろんのこと、不足分はサプリも検討。

さらに、最近話題のノンシリコン、アミノ酸系シャンプーなどで頭皮環境を整えつつ、
育毛剤の使用も効果的です。

髪と頭皮にいいことを始めたら、あとは焦らないこと。
薄毛対策の効果があらわれるまでには、早くても数か月かかるもの。

その間に、「薄毛が解消しない!」という、薄毛ストレスで
さらに薄毛になってしまわないよう、じっくりゆっくり薄毛対策を継続していきましょう。

おしゃれ髪型で薄い前髪もカバー!女性の薄毛対策方法ご紹介

■前髪がなくなった!薄毛女性の衝撃

ある日気付いた、前髪の薄さ。いつの間に!?
ぺったんこで少なくなってしまった前髪、それは女性特有の薄毛かも?

 

  • 女性の薄毛は静かに進行
  • 女性の薄毛が目立つ箇所とは?
  • 案外多い、女性の薄毛

いつものように、鏡の前で朝のヘアーセット。

でも、なんだか髪型が決まらない。
そう思ってじっくり見てみると、なんだか不自然にぺたっとした前髪に気付きます。

あれ?前髪ってこんなにボリューム感なかったっけ?

それ、もしかしたら女性特有の薄毛症状かもしれません。

女性の薄毛は、男性のように、分かりやすい「ハゲ」ができるのは稀。

一般的には、抜け毛が増え、
だんだんとボリュームがなくなっていくというタイプの薄毛が多いんです。

そのため、女性の薄毛は静かに進行し、ある程度毛量が減ってしまってから、
あれ?と気付くケースが多いよう。

全体的に毛量が減少しますので、前髪や分け目、
つむじなどで薄毛が目立つ傾向にあります。

近年では、このような女性の薄毛に悩む人が少なくありません。

女性にとってとても大切な髪。

髪で悩んで外出まで憂鬱にならないよう、
女性ならではの方法で対策を講じていきましょう。

■薄くなった前髪はこうしてカバー!

女性の特権、おしゃれ。
おしゃれはきれいを作るだけでなく、薄毛もカバーできる!

 

  • 女性だからできる!ヘアアクセ使いという特権
  • 帽子は日よけじゃない!洋服の一部です

髪が薄くなってしまうと、外出するにも人の目が気になるもの。

そんなときは、女性の特権、
ヘアアクセを駆使して上手に薄毛を隠してしまいましょう。

ポイントは、全体を見せないこと。

ぺったんこの髪全体が見えていると、薄毛も目立ちます。

髪のどこかにアクセントを作りましょう。
できれば、視線を集めやすい大き目、印象的なアクセがおすすめ。

耳の上あたりにくるようなシュシュ、
前髪の生え際を隠せるような太目のカチューシャなどはなかなか優秀。

毛量の全体像が分からなくなり、髪が薄いという印象を与えにくくなります。

ボリューム感のあるアクセとすっきりした髪は相性抜群。
髪が少ないからこそ楽しめるアレンジでもありますね。

帽子で薄毛をカバーする際には、隠しすぎないことが重要。

髪を隠したいからと、すっぽり大き目の帽子をかぶってしまうと、
「隠してます」感がにじみ出てしまいます。

帽子は隠すための物、まして、日よけにあらず。

薄毛隠しのための帽子は、洋服の一部の感覚で、
おしゃれをベースに選択することを忘れずに。

ベレー帽のようなコンパクトなものは、つむじや前髪を隠しつつも、いかにも
「帽子」という印象を与えにくいので、少しくらいの屋内ならばそのままでいられますね。

女性ならではの特権、おしゃれを駆使して薄毛を隠していきましょう。

■髪が少ない人の特権!重ふわヘアーを楽しむ

髪が少ない人におすすめの髪型とは?
実は、少ないからこそできる特権ヘアーがあった!

 

  • 重ふわボブは髪が少ない人の特権
  • ショートアレンジがクールに決まる
  • 「前髪」があるから薄く見える!なくせばいい!

髪が薄いと、おしゃれな髪型にできない!と悲観しそうなところですが、
諦めるのは早いかも?

髪が薄い人にしかできない、
特権ヘアーでおしゃれを楽しんでみてはどうでしょうか?

ボリュームのある人が絶対にできない髪型、それが重ふわボブ。

大きめのカールを付けた柔らかなボブは、
毛量多めの人がすると本当に重い雰囲気に。

でも、毛量少な目の人なら、それがおしゃれに決まるんです。

また、ショートアレンジも、毛量少な目の方がクールに決まります。
毛先のアレンジも自在にききますね。

ショートアレンジは、前髪の薄さやつむじの白さをカバーしやすい優秀ヘアー。
美容師さんと相談して、ちょうどいい長さを研究してみてください。

特に前髪の薄さが悩みという人は、
思い切って前髪をなくしてみるのもいいかも?

少ない前髪が額にぺったりくっ付いているから、薄さが際立つもの。

ワンレンのように、前髪にもある程度の長さをもたせて、周囲の髪と区別が
つかないようにすることで、前髪が薄くなっているという印象を排除することができます。

髪型をいろいろと工夫できるのも、女性の特権ですね。

薄い!と悩んでいる箇所を、上手にカバーするヘアスタイルを研究してみましょう。

■どうしてもふんわり前髪にしたい!薄毛対策に必要なものとは?

隠すのもいいけれど、やっぱりふんわり前髪を取り戻したい!
女性の薄毛を解消するために効果的な対策方法とは?

 

  • まずはシャンプーを見直す
  • 内と外からの栄養補給で薄毛対策
  • 薄毛は1日で治らない。継続は力なり

おしゃれを駆使して薄毛をカバー。
でも、やっぱりふんわりした前髪を取り戻したい!

それなら、しっかりと薄毛対策を実施しましょう。
女性の薄毛対策でまず実施したいのは、シャンプーの見直し。

今話題になっている、ノンシリコンやアミノ酸系シャンプーなどは、
頭皮にできるだけ刺激を与えず、守りながら洗うことができるもの。

シャンプーに求めるのは、強い洗浄力や後に残る香りではなく、
優しさなんですね。

その優しさを原料レベルにまで追求したのが、オーガニックシャンプー。

使っていると、頭皮が元気になり、
髪がだんだんとふんわりしてくると話題です。

頭皮を元気にしつつ、栄養補給もしていきましょう。

バランスの良い食事で、内側から栄養補給。
さらに、育毛剤を使用して、外側からも栄養補給を。

育毛剤は、必ず女性用を選択してくださいね。

欲しいのは栄養分。
特別な刺激物が入っていないマイルドなものがお勧めです。

シャンプーを見直し、バランスのよい食事と育毛剤を使用したら、
あとは継続すること。

薄毛対策は、1日や1週間ほどですぐに効果が表れるものではありません。
継続は力なり。

しっかり続けていくことこそ、薄毛対策において最も重要なことなんです。

髪と頭皮に良い生活習慣を続けて、ふんわり前髪を取り戻しましょう!

髪が薄い女性必見!手軽にできる薄毛対策ご紹介!

■髪が薄い!どうすればいい?

女性にとって大変な悩みである、薄毛。
外出や人付き合いまで憂鬱になってしまう前に、できる対策をご紹介します!

 

  • 髪に悩むと女性のキレイは保てない!
  • まずは自分の状態を認識し、薄毛対策の決意を

髪が薄い!
これは、女性にとって大変な悩み。

私も、薄毛に悩むようになってからというもの、
他人の目が気になって仕方ありませんでした。

外出も億劫になりますし、人に会っても、
髪が薄いと思われているんじゃないかと気になってばかり。

せっかくの洋服もメイクも台無しになってしまうので、
キレイにすることも面倒になってしまっていました。

でも、これではだめだ!と思い、一念発起して薄毛対策を開始。

その経験と、その時に調べた内容を元に、
薄毛に悩む女性にまず実施してほしいことをご紹介します。

まずは、自分の薄毛の状態を認識すること。
そして、薄毛対策をしよう!と決意すること。

まずはそこから始めてみましょう!

■隠すための対策方法、ご紹介

薄毛に悩む女性が最初にしたい対策とは?
上手に隠すための極意、ご紹介します。

 

  • どこが薄いかを確認する
  • ライフスタイルに合わせた「薄毛隠しグッズ」を調達
  • 髪型で上手にフォローする

薄毛対策をしよう!と思ったとき、最初に実施したいのは、隠す工夫。

薄毛に悩んでいるままだと、せっかくのキレイも台無し。
頑張って薄毛対策しよう!というモチベーションも保ちにくいもの。

そのため、まずは上手に隠して他人の目が気にならない状況を作りましょう。

どこが薄くなっているかを確認します。

前髪?分け目?つむじ?
それとも、全体的にボリューム不足?

それに応じて、有効な薄毛隠しグッズを使用します。

グッズは、ライフスタイルにあわせて選択しましょう。

外出時、基本的に屋外のみという場合には、一番使用しやすいのは帽子。

ただ、食事の時など、急に帽子をとらなければならない場面に遭遇したときには
少し慌てることになりますので、1日の予定をしっかり考えてみる必要がありますね。

もしずっと帽子をかぶっているのが困難な場合には、
ヘアアクセサリーを使用。

少し太目のカチューシャやバンドなどは、薄毛隠しに大活躍。

大きめのシュシュなども、視線を飾りに集中させ、
薄い箇所を目立たなくしてくれますので、効果的です。

薄毛隠しのためには、少し目立つ飾りで視線外しをすること、
どこかが飾りで隠れていて、全体が見えない状況を作ることが重要。

隠したい箇所や自分のファッションとの釣り合いを考えて、
ピッタリのアクセを探してみましょう。

もし、仕事などでアクセが難しいという場合には、
髪型で薄毛を隠す工夫を。

おすすめはショートアレンジ。

毛先を自由にアレンジすることで、隠したい箇所をケアできるだけでなく、
おしゃれ度もアップ。

薄毛対策は、一朝一夕で結果が出るものではありません。
少しの期間、薄毛と付き合っていかなければならないもの。

上手に隠し、ストレスなく薄毛対策に向き合える工夫をしてみましょう。

■薄毛対策に効果的な今日のメニュー!

薄毛対策になるご飯!?
元気な髪は、元気な食事から。おいしく食べて薄毛解消が期待できるメニューをご紹介!

 

  • 朝食はプラスフルーツでビタミン補給!
  • エネルギーの必要な昼食は豚の生姜焼きランチで
  • 夜はしっかりタンパク質と亜鉛補給ディナー

薄毛対策の時に忘れてはならないのが、食生活の見直し。
食事で摂取した栄養分が、元気な髪を作る源になっています。

そこで、今回は薄毛対策が期待できる1日の食事をご紹介!

まずは朝食。
朝食時には、乳製品やフルーツ類をプラスして、薄毛対策を。

卵も優秀なたんぱく質の宝庫です。

目玉焼きなど、普段の朝食に、ヨーグルトとミカンをプラス。
これで、髪の毛を構成するタンパク質と血行を促進してくれるビタミンを補給しましょう。

午後のエネルギー源となる昼食は、生姜焼きランチがおすすめ。

豚肉には、頭皮の新陳代謝を高める働きをするビタミンB群が。
さらに、生姜は血行促進、代謝アップに効果的。

一緒に緑黄色野菜を使用したサラダも食べれば、ビタミンAまで補給完了!

元気が出て、髪にもいい美味しいランチです。

夕食は和食ディナーにしてみましょう。

魚介類には質の高いアミノ酸を含んだタンパク質がたくさん含まれています。
できれば、コレステロール値の低い、青身魚がおすすめ。

豆腐のお味噌汁は、大豆製品をたくさん摂取できる優秀な一椀。
焼き魚との相性も抜群ですね。

さらに、白米を玄米や胚芽米に変えることができれば、
ビタミンEも効率的に摂取できてさらなる血行促進に期待大。

髪にいい食事は、健康にもとてもいい食事なんです。

薄毛対策のために、栄養バランスのとれた献立、考えてみませんか?

■頭皮から栄養を補給。おすすめシャンプーのご紹介

内側からの栄養補給と並行して、外側からも栄養を補給!
シャンプーの見直しと育毛剤の併用で頭皮を健康に。

 

  • シャンプーは頭皮環境を整えるために重要なアイテム
  • 育毛剤は発毛成分よりも「栄養補給」

食事から必要な栄養分を摂取したら、ぜひ外側からのケアも忘れずに。

頭皮環境を正常化して、栄養を与えること、とても重要なんです。

頭皮環境正常化のために役立ってくれるのが、シャンプー。
毎日使うシャンプーを見直すことで、頭皮をケアしていきましょう。

よく販売されているシャンプーは、泡立ちがよく、香りがいいものなどが人気。

でも、薄毛対策のためにはちょっと違った視点でシャンプー選びをしましょう。

着目したいのは、「優しさ」。

界面活性剤やシリコンなど、頭皮の刺激になるものはできるだけ排除。
さらに、強力な洗浄力も必要ありません。

汚れを落とすには、ある程度の洗浄力で十分。

頭皮に必要な皮脂を残して、優しく洗い上げることが重要なんです。

そのため、現在はノンシリコンシャンプーやアミノ酸系シャンプーといった、
優しさ重視のシャンプーが注目を集めています。

さらに、頭皮が元気になったところで、育毛剤でさらなる栄養補給をしてあげると、
頭皮活性化の手助けとなります。

育毛剤も、特別な「発毛成分」などは必要なし。

それよりも重視したいのは、
頭皮に「栄養補給」できるようなものであること。

マイルドな使用感のものを選択したいですね。

外側からのケアは、毎日のシャンプーの置き換えと朝夕の育毛剤使用でばっちり。

特別な時間が必要ないケア方法ですので、ぜひ日々の習慣にしたいですね。

若い女性も髪が薄い!と悩む?年齢、性別に関係ない薄毛の原因とは?

■若くても抱える、髪の悩み

髪の悩み、薄毛の悩みは加齢に伴って生じるもの?
実は若い女性でも髪の悩みを抱えている人がたくさん!

 

  • 髪の悩みは男性のもの?
  • 女性、しかも若くても薄毛に悩む?
  • 誰でも薄毛になる可能性があることを知っておく

髪の悩みというと、男性のものというイメージがありませんか?
女性でも悩んでいる、と聞くと、高齢の女性かな?と思ったり。

私も、自分自身が髪のことで悩むようになるまでは、そう思っていました。
自分とは無縁な悩みだと思っていたんです。

でも、当事者になって初めて、女性、しかも、
比較的若い年齢でも薄毛に悩んでいる人がたくさんいることを知りました。

実は、薄毛の原因というのは遺伝や加齢だけじゃないんだそう。
そのため、場合によっては誰でも薄毛になってしまう可能性があるんです。

他人事ではなく、自分にも関係あるかも?と思って、
髪と頭皮のことをしっかり知っておくことが、とても大切ですね。

■若い女性が薄毛になる原因とは?

若い女性が薄毛になる?
その特徴、きっかけなど、気になる情報、調査しました。

 

  • 若くても薄毛になることがある?
  • 若い女性に多い、「薄毛になる危険性大なタイミング」とは?

比較的若い女性が薄毛になる、と言われても、なんだかピンとこないもの。

でも、薄毛について調査していると、20代から30代女性で多くの人が
薄毛に悩んでいるばかりでなく、高校生も薄毛に悩んでいるというケースを知りました。

実は、若い女性には「薄毛になる危険性大なタイミング」があるんです。

最も多いのは、妊娠、出産。

20代から30代の女性で、最も薄毛になってしまった!という
きっかけとして多いタイミングです。

妊娠から出産時、女性の体はとても大きな変化をします。
目には見えませんが、女性ホルモンのバランスが大きく変化するときなのです。

実は、髪の毛には女性ホルモンの働きが大きく影響しています。

そのため、出産を機に、多くの女性が抜け毛を経験。
その影響で薄毛にまで進行してしまう人も珍しくないんです。

さらに、もっと若い女性から関係してくるのが、ダイエット。

ダイエットと薄毛にどんな関係が?と思うところですが、
ダイエットの方法次第では、関係あり。

気を付けたいのは、食事制限ダイエット。
しっかりバランスの取れた食事を、健康的な範囲で減量するぶんには問題ありません。

食事回数を減らすなどの極端な食事制限をしたり、特定の栄養分を摂取しない、
もしくは特定の食品しか摂取しないなどの偏ったダイエットは、絶対にNG。

私たちの体は、食べたものでできています。
髪の毛も例外ではありません。

必要な栄養分が不足すると、元気な髪の毛が作られなくなり、
薄毛になってしまうのです。

これは年齢に関係なく生じる現象ですので、
若くても注意しなくてはなりませんね。

そのほか、ストレスや不規則な生活なども、薄毛の原因となることが。

加齢や遺伝だけが原因ではありませんので、
若い女性が薄毛になる危険性って、十分にあるんですね。

■「若いから大丈夫」じゃない!ちゃんと考えたい栄養のこと

髪の毛を作るために必要な栄養分って?
自分の体のこと、髪のこと、しっかり知って薄毛を予防!

 

  • 髪の毛は何でできている?
  • 薄毛にならない、薄毛を解消するために必要な栄養分とは?
  • 栄養不足が髪に影響しやすい理由とは?

あまり考えたことがないかもしれませんが、髪の毛って何でできているんでしょう?

調べてみたところ、なんと、タンパク質。
意外に身近な栄養分で少しびっくりしました。

そう、私たちの体は、髪の毛も例外ではなく、食べたものでできているんです。

元気な髪の毛を育てていくために必要な栄養分はたくさんあります。

まずは、髪を作っているタンパク質。
強い髪を作るために欠かせない、亜鉛。

代謝を促進させるビタミンも必要不可欠です。
その他にも、たくさんの栄養分が作用して、元気な髪をつくっていきます。

これらをバランスよく、不足なく摂取していくことが、
薄毛の予防、薄毛対策になるんです。

しっかり食事をしても不足する栄養分がある場合には、
サプリの力を借りてもいいですね。

人間の体は、生命維持のために必要な器官から優先的に
栄養分を届けるようにできています。

その観点でみると、髪の毛は優先順位が低め。
生きるために必要不可欠なものではないからですね。

そのため、食事制限などをして栄養不足になると、
比較的早い段階で髪の毛に影響がでてきてしまうんです。

若いから、少しくらい食べなくても大丈夫!なんて思って油断していたら、
若いうちから薄毛に悩むことになってしまうかも?

体に必要な栄養分、しっかり摂取したいですね。

■今から髪を大事にする習慣を

若いから、ではなく、若いうちから始めたい、髪にいいこと。
今からできるヘアケアってどんなもの?

 

  • 髪と頭皮に負担をかけない工夫を
  • 毎日のシャンプーを見直してみる
  • 洗髪後にはしっかり乾かす

若いから、髪も元気なはず。
そう思って無理させてしまうと、薄毛になって後悔することになるかもしれません。

そうならないために、今から始めたい、髪に良いこと、ご紹介します。

まずは意識改革。
髪と頭皮にできるだけ負担をかけないようにしましょう。

若い女性にとって、おしゃれは大切。
でも。頻繁なパーマやカラーは、髪と頭皮に大きなダメージを与えます。

頻度を減らしたり、ダメージを与えないおしゃれを意識してみましょう。

毎日のシャンプーを見直すのもおすすめ。

つい、CMでよく目にするものや香りのいいものを選択しがちですが、
シャンプーは内容で選びたいもの。

最近話題のアミノ酸系シャンプー、ノンシリコンシャンプーなどという
キーワードを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

髪と頭皮に負担となる刺激を排除したシャンプーが、
若い女性にも人気になっているんです。

もちろん、洗髪後にしっかりと髪を乾かすなどのヘアケアも重要。

若いうちから、髪と頭皮のことをしっかり考えて守っていくことが、
薄毛の対策だけでなく、「予防」としても効果的なのですね。

生え際後退?おでこが広い?女性の薄い髪の悩み、解消します!

■ちょっと珍しい?女性で生え際が後退するケース

女性の薄毛はボリューム不足が主流。
でも、生え際が後退してきた!こんなことって、あるの?

 

  • 女性の薄毛の特徴とは?
  • 少し珍しい、女性の前髪後退
  • 薄毛に気付いたらすぐに対策を!

男性だけではなく、女性でも多くの人が髪の悩みを抱える時代。
薄毛は女性だからといって、他人事ではないんですね。

ただ、男性の薄毛と女性の薄毛とでは、
一般的にその進行に違いが見られると言われています。

男性の薄毛は、いわゆる「ハゲ」。
頭頂部に毛のないエリアがはっきりとできてしまったり、生え際が後退したり。

それに対して、女性薄毛は全体的に進行するのが一般的。
いわゆる、ボリューム不足になってしまう状態ですね。

そのため、女性の場合は髪がぺったんこになったり、
分け目が白く目立ってきたりすることで薄毛に気付くというケースが多いようです。

でも、全てのケースがこの通りというわけではないんです。
女性でも、生え際が後退してきてしまうひとがいます。

女性の薄毛としては少し珍しいですが、だんだん前髪のボリュームが
なくなってきたように感じていると、気付くと額が広くなっていたという声も聞かれます。

もともとおでこが広いだけか、後退してしまったかは、ビフォアアフターで見比べて。
以前の写真などに比べて、変化が見られる場合には、現実を受け入れましょう。

早めの対策が、薄毛解消にはとても効果的です。

■どうして生え際が後退する?

女性は生え際後退なんて起きないと思っていた!
どうして生え際が後退してしまったの?その原因にはどんな可能性がある?

 

  • 遺伝的な薄毛の可能性
  • 過剰なアルコール、喫煙
  • 頭皮の血行不良、栄養不足

女性なのに生え際が後退してきた!
どうしてこんなことに?

その原因として考えられるものをご紹介します。

まずは、遺伝の可能性。
男性が「うち、親がハゲてるから、自分もはげるかも」なんて言っていること、ありますね。

これ、女性でも可能性があるんです。

髪と遺伝の関係に関しては、まだまだ研究段階。

研究者のなかには、遺伝は関係ないという人もいます。

しかし、ある研究によると、
男性ホルモンの一種である染色体に変異があった場合に薄毛になるとの報告も。

この染色体は、母親から受け継がれる遺伝子と言われていますので、
もし母方の家系が薄毛家系なら、遺伝の可能性も否定できないかも?

次に、後天的な理由に関して。

最近では、女性で喫煙している人も、
お酒大好き!という人も珍しくなくなりました。

実は喫煙や、過剰なアルコールは、薄毛の一因になるんです。

かつては男性の嗜好品のイメージでしたが、
女性にもその影響が出ている可能性がありますね。

また、頭皮の血行不良や栄養不足も薄毛の原因となります。

血行不良が起きる原因は様々ですが、女性特有の冷え性もその一つに。

また、仕事や育児などでストレスが溜まっていたり、
不規則な生活になっていることも要因として挙げられます。

栄養不足に関しては、女性はダイエットがその引き金になることが。
髪の毛に必要な栄養分、しっかり食事から摂取できているでしょうか?

このように、女性にも多くの薄毛要因が考えられるんですね。

生え際が後退してきたら、少しこれまでの生活を振り返って、
解消可能な原因は改善していく必要がありそうですね。

■生え際が後退してきたら心がけたいこと

まずは原因解消。その後は?
髪と頭皮に優しい生活習慣、ご紹介します。

 

  • 原因を考えてできる限り解消する
  • 実は間違っていた?「髪のため」本当に髪のため?
  • 頭皮と髪を守る生活習慣、ご紹介!

生え際の後退を認識したら、できるだけ早く対策を開始しましょう!
早めの対策こそが、薄毛を効果的に解消していくための重要なポイントです。

まずは原因を考えてみましょう。

もし解決可能なことであれば、できるだけ早くその原因を解消します。

ダイエットのために食事制限してしまっていませんか?
最近、飲み会続きだったりしませんか?

少し、日々の生活をじっくり振り返ってみたいですね。

そして、原因の解消と並行して実施したいのが、薄毛対策。

髪と頭皮のために優しい生活習慣を心がけましょう。
間違ったヘアケアは、薄毛を加速させます。

髪をきれいにしようと、毎日何度もシャンプーするのはNG。
頭皮に負担をかけ、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

サラサラの髪にしようと、コンディショナーをべた付けするのもNG。
頭皮に残ってしまったコンディショナーは、毛穴詰まりの原因になります。

髪と頭皮を守るためには、まずしっかり栄養を摂取すること。
そして、優しいシャンプーで守りながら洗うことが重要です。

髪はタンパク質でできています。
元気な髪を作るためには、ビタミンやミネラルが必要不可欠。

それらをしっかり食事やサプリで補充したいですね。

シャンプーは、洗浄力よりも優しさ重視で選択。
毎日の洗髪タイムを、髪を守る時間にできるといいですね。

■髪と頭皮に優しいシャンプーって?

髪と頭皮を守ることができるシャンプーってどんなもの?
シャンプー選びの際に注目したいキーワードをご紹介します。

 

  • シャンプーは洗浄力よりも優しさ
  • 話題のアミノ酸系シャンプーに注目!
  • 原料チェックも忘れずに!

髪と頭皮を守ることができるシャンプーって、どんなものなのでしょうか?

たくさんのシャンプーが販売されていますので、どれを選択すればいいのか分からない!
そんな時に、着目したいキーワードをご紹介します。

薄毛対策のためには、「高い洗浄力でさっぱり」「爽快感アップ」などよりも、
「優しさ」を重視。

最近注目されている、アミノ酸系シャンプーがおすすめ。

石鹸系や高級アルコール系に比べて洗浄力は低め。
そのぶん、頭皮に必要な皮脂などを残して優しく洗うことができると人気なんです。

さらに、原料チェックも忘れずに。

石油系界面活性剤やシリコンなどは刺激となるので避けたい成分。
化学肥料不使用の植物を原料としている、オーガニックシャンプーが安心ですね。

髪質や頭皮の状態によって、合うシャンプーは人それぞれ。

ぴったりの1本を探す手助けに、
ぜひ「アミノ酸系」「オーガニック」のキーワードを参考にしてみてくださいね。

薄いつむじは生まれつき?女性の髪の悩み解決方法ご紹介!

■髪型のバランスが悪い!どうにかしたい、「つむじハゲ」

なんだか髪型が上手にきまらない。その原因、もしかしたら「つむじハゲ」かも?
自分でなかなか気付かないつむじ、ちょっとチェックしてみましょう。

 

  • どうして髪型のバランスが悪いの?
  • つむじハゲは女性の方が要注意
  • 自分よりも周囲の人はよく見ている!

毎朝のヘアーセット、なんだかここ最近、バランスよく決まらなくなってしまった。
その原因、もしかしたら「つむじハゲ」かもしれません。

つむじが薄くなってしまうと、後頭部がぺったんこになり、
髪がふんわりしてくれなくなります。

そのため、前面から見た髪型が、アンバランスに見えやすいのです。

ハゲというと、男性の方が気を付けなければならないこと、というイメージ。
でも実は、つむじハゲは女性の方が要注意!な症状なんです。

女性の薄毛は、男性のように局所的に分かりやすく進行することは稀。

全体的にじわじわ進行し、つむじや分け目などが白く目立つようになって、
初めて薄毛に気付くという人も少なくないもの。

自分のつむじって、なかなか日常的に見ませんよね。
そのため、発見が遅れがち。

でも、実は自分だけが見えていないだけで、
周囲からはばっちり見られているんです。

「あの人、髪が薄くなってるな」なんて思われているかもしれませんね。

ちょっと合わせ鏡をつくって、つむじをチェックしてみましょう。

■つむじが薄くなる原因とは?

どうしてつむじが薄くなる?その原因は、いくつかのタイプに分かれるんです。
女性のつむじハゲの原因、ご紹介します。

 

  • 「生まれつき」つむじが薄い
  • 「頭皮環境悪化」によるつむじハゲ
  • 原因は体の中に!「内部的要因の薄毛」

女性にとって大切な髪。
つむじが白く目立つなんて、ゆゆしき事態です。

どうしてつむじハゲになってしまうのでしょうか?
その原因をご紹介します。

まず、「生まれつき」つむじが薄いというケース。

頭髪の状態は人それぞれ、個人差が大きいところ。
そのため、「生まれつき薄いの」という言葉をよく耳にします。

確かに、生まれつき頭髪が薄い人というのはいますので、
毛量が少ないのかもしれません。

ただ、実は多くの場合、毛量が少ないのではなく、1本1本の髪が細かったり、
ハリやコシがないために、ペタッとしてしまっていることが多いんです。

生まれつき「毛量」が少ないのか、
髪に元気がないのか、それによって対策方法が異なってきますね。

次に、頭皮環境が悪化することで「つむじハゲ」になってしまったというケース。

女性はおしゃれのために頭皮に負担をかけがち。

頻繁なパーマやカラーは頭皮に負担大。
頭皮が慢性的な炎症を起こした状態になってしまい、薄毛の原因となることが。

さらに、清潔を心がけるあまりの過度なシャンプーも原因となります。

頭皮には必要な皮脂があります。
洗浄力の強すぎるシャンプーや、洗いすぎは頭皮を痛めてしまいます。

おしゃれのため、髪のためと思っている行動が、
「つむじハゲ」という残念な状態を作り出してしまっているかもしれませんね。

そして、内部的な要因で生じる薄毛も。

女性の薄毛は、ホルモンバランスの乱れや
栄養不足などによって引き起こされることがあります。

出産や更年期など、ホルモンバランスが崩れやすい時期は要注意。
ダイエットなどで食事制限し、栄養が偏っているときも危険大です。

他にも、ストレスによって自律神経が乱れ、薄毛を誘発することもあります。

女性の薄毛は、体内部からのサインの可能性もあるんですね。

■つむじハゲ脱却!おすすめ対処方法ご紹介

つむじハゲを改善したい!
女性の薄毛へのおすすめ対処方法、ご紹介します。

 

  • 原因を知る、改善できることは改善を
  • 髪を元気にする方法、ご紹介!
  • 髪の元気には「継続」が大切

どうにかしたい、目立ってしまうつむじ。
つむじハゲを脱却するために有効な対策方法をご紹介します。

まず一番大切なのは、原因を考えてみること。

どうしてつむじハゲになってしまっているのでしょうか?

髪にコシがないから?
ホルモンバランスの異常?栄養不足?

改善可能なことは、ぜひすぐに改善しましょう。

根本原因が解消されていないと、せっかく対策をしても効果がないばかりか、
何度も再発することに。

根本原因を解消しながら、髪を元気にしていきましょう。

まず最初におすすめの対策方法は、シャンプーを見直すこと。

毎日実施する洗髪は、髪のケアにも刺激にもなる、とても大切なプロセス。
どんなシャンプーを使用するかがとても重要になってくるんです。

おすすめなのは、最近注目されているアミノ酸系シャンプー。
適度な洗浄力で頭皮に必要な皮脂は残してくれるので、洗いすぎ防止に効果的。

さらに、原料までこだわって選択すれば、髪と頭皮に優しいこと間違いなし。

界面活性剤やシリコンなど、刺激となるものはできるだけナシに。
オーガニックなどの安心で安全な原料を使用したものを探してみましょう。

たかがシャンプー、されどシャンプー。
本当にシャンプーを見なおすだけで驚くほど髪の状態は変わります。

そして、さらに改善したいのは、栄養分。

私たちの体は、食べたものでできています。
髪ももちろん、その一部。

髪はタンパク質でできていますので、タンパク質不足は元気な髪の大敵。
栄養分を運んだり髪に変えたりするビタミンやミネラルも必要不可欠です。

もし、どうしても食事で補いきれないという場合にはサプリも併用しましょう。
しっかり栄養を取ることが、元気な髪を育てるためにとても重要です。

優しいシャンプーで外側からケア、
しっかり栄養分をとって内側からもケア。

最後に重要なのは、継続すること。
髪の元気は1日ではできあがりません。

髪と頭皮に良いことを、ぜひ継続していってくださいね。

■つむじを守る、ちょこっとポイント

つむじを薄くしないために!やりがちなNGポイントをご紹介。
ちょこっとの注意で、つむじを守っていきましょう。

 

  • 隠しすぎに注意!
  • 触るのも怖い?でもケアは大切!

つむじが薄くなってくると、とにかく隠したい!
抜けるのが怖いから、触りたくないと思うもの。

でも、実はそんな行動が、さらなるつむじハゲを誘発しているかも?

まず、隠しすぎには要注意。

薄いつむじが恥ずかしいからと、どこへ行くにも帽子。
屋内でも帽子。

これでは、頭皮は蒸れ蒸れに。
髪がぺたっとして、さらにつむじが目立つことになります。

頭皮環境のためには、頭皮は風通しの良い状態がベスト。
頭皮が蒸れないように、上手に隠す方法を会得しましょう。

また、つむじがこれ以上薄くなるのが怖い!と、ケアを怠るのもNG。

頭皮の清潔を守るため、毎日の洗髪はとても重要です。

さらに重要なのが、洗髪後のドライヤー。
しっかり乾かして、頭皮の蒸れを防ぎましょう。

ドライヤーをしたら頭皮や髪が痛むと思って、
濡れたままにしておくのはとても危険です。

日常のちょっとした注意ポイントを押さえて、
頭皮の蒸れを防ぎ、つむじに負担をかけないように注意しましょう。

女性の大事な髪。生まれつき薄い毛も諦めない!

■「生まれつき髪が薄い」は思い込みかも?

「生まれつき髪が薄いから、本当に困ってる」そんな悩みをよく聞きます。
でも、その「生まれつき」、もしかしたら思い込みかも?

 

  • 生まれつき髪が薄い?
  • 髪が細いと薄く見える
  • 改善可能な薄毛もたくさんある!

薄毛に悩む女性からよく聞く言葉、「生まれつきだから仕方ない」。

確かに、遺伝的に薄毛体質の人はいますし、
先天性疾患で毛量が極端に少ない人もいます。

生まれつき髪が薄い、という人は実際に存在します。

でも、全てではありません。
もしかしたらその薄毛が生まれつきなのは、思い込みかもしれません。

人間は通常、生まれたときには毛が薄いもの。
もちろん、個人差は大きく、生まれたときから髪がたくさんある人もいます。

でも、これは「生まれつき髪が薄い」とは無関係。

生まれてからだんだんと毛量が増え、多くの人が25歳くらいまで増加を続けます。

ほとんどの場合、生まれたときに全く髪の毛がなかった人も、
周囲と変わらない毛量を手に入れることが多いもの。

しかし、この毛量のピークも個人差が大きいんです。

もっと早い時期に毛量のピークを迎えてしまった人は、「私は髪が薄い。
そういえば、生まれたときハゲだったって聞いた」と、生まれつき髪が薄いと思いがち。

でもその髪の薄さ、毛の量ではなく、毛の太さが関係している可能性もあります。
同じ毛量でも、毛が細いと全体的に髪の毛が少なく見えますね。

後天的な何らかの理由で髪の毛が細くなってしまい、
結果的に、髪が薄く見えているという人、少なくありません。

そのようなケースでは、毛を太く育てることで、
薄毛に見えるのを解消することが可能なことがあるんです。

ぜひ、「生まれつきだから仕方ない」と諦めず、
できる対策を実施していきましょう。

■髪が細い原因と対策方法

髪の毛が細くなってしまう原因とは?
太く元気な髪を育てる方法をご紹介!

 

  • 表面のダメージは髪を細くする
  • 頭皮環境を健康に!
  • 頭皮に十分な栄養分を補給する

細い髪の毛を太くするためには、どうしたらいいのでしょうか?

まず、髪が細くなってしまう原因として挙げられるのが、ダメージと栄養不足。

カラーやブリーチ、パーマなどを繰り返した髪は、
表面から大きなダメージを受け、細くて元気のない髪になってしまっています。

同時に、処置の際に頭皮にも刺激を与えていますので、
頭皮、毛根にもダメージが加わっていることが考えられます。

髪と頭皮が健康でないと、太くて元気な髪の毛は生えてきません。

そこで、髪と頭皮の環境を正常化するためにまず始めたい対策が、
シャンプーの見直し。

毎日の洗髪は、実はヘアケアのチャンスでもあるんです。

使用したいのは、洗浄力の強さよりも「優しいシャンプー」。
最近注目されている、アミノ酸系シャンプーがおすすめ。

適度な洗浄力で汚れはおとしつつ、
頭皮に必要な皮脂は守ってくれる優れもの。

さらに、原料にまでこだわったオーガニックシャンプーを使用すれば、
髪と頭皮への刺激を最小限にすることができます。

シャンプーなんでどれも同じと思いがちですが、
実は商品によって配合成分は大きくことなります。

「優しさ」という観点でみると、
刺激となる界面活性剤やシリコンなどを含まないものがおすすめです。

優しいシャンプーで頭皮環境を正常化したら、
ぜひ頭皮に必要な栄養分をしっかり届けましょう。

元気な頭皮にしっかり栄養が届くことで、元気な髪が生えてきます。

■髪に必要な栄養分とは?

髪に必要な栄養分ってどんなもの?
外側からと内側の両方から補給することで効果的な栄養補給を。

 

  • 髪を元気にする育毛剤
  • 食べ物から、髪に必要な栄養分を補給する
  • 不足分はサプリで上手に補給!

頭皮環境が元気になったら、ぜひしっかりと栄養を補給しましょう。

外側からのアプローチとして有効なのは、育毛剤。

女性専用の育毛剤がたくさん販売されていますので、少し探してみてください。

選択のポイントは「発毛成分配合」「爽快感アップ」などよりも
「栄養補給」をメインとしたもの。

発毛成分の中には、頭皮に刺激の強いものもあります。
今欲しいのは、刺激ではなく頭皮への栄養ですので、極力マイルドなものを選びたいですね。

そして、栄養補給は内側からも。

元気な髪の毛が育つためには、欠かせない栄養素がいくつかあります。

まずはタンパク質。
髪の毛はタンパク質でできていますので、まさに髪の元。

タンパク質を髪の毛に変える手助けをする、亜鉛も欠かせません。
欠乏しやすい栄養分ですので注意したいですね。

また、ビタミン類も忘れてはいけません。

皮膚の新陳代謝を促す作用があるB群、毛細血管を広げて毛乳頭まで
スムーズに栄養を運んでくれるEなど、髪に影響のある栄養素は多岐にわたります。

これらをしっかり摂取することで、元気な髪を内側からサポートしていきましょう。

もし、食事で十分に摂取することが困難な場合には、サプリも有効。

上手に栄養を補給して、太い髪を目指していきましょう。

■栄養不足になって髪が影響を受ける理由とは?

栄養不足になると、髪に影響が出やすいのはどうして?
人間の体の不思議、少しご紹介します。

 

  • どうして髪の毛は栄養不足に敏感?
  • 人間の体は「生きるため」が最優先
  • 髪の元気は、体の元気のバロメーター

栄養不足になっているとき、比較的敏感にその影響を受けてしまう、髪の毛。

どうして髪の毛は栄養不足の影響を受けやすいのでしょうか?

その理由は、人間の体の不思議にありました。

実は、人間の体は生きるために必要なものへ優先的に栄養を届けるようにできています。

臓器など、栄養が不足すると大変なものが優先なんですね。

その観点から見ると、髪の毛は優先度が低いもの。
確かに、髪の毛は生命維持には直接関係していませんね。

そのため、栄養不足は髪の毛に表れやすいのです。

抜け毛が増えた、髪にコシがなくなった、髪が細くなってきた!は、
体の栄養不足のサインかもしれません。

体の元気をしるバロメーターとして、髪の声にぜひ耳を傾けてあげてください。

諦めない!生まれつき髪の毛が薄い女性の対策ご紹介!

■「生まれつき」の薄毛って?

女性でも悩みを抱える人が多い、薄毛。
さまざまな原因がありますが、生まれつき髪の毛が薄いということもあるの?

 

  • 薄毛は後天的な理由?
  • 遺伝による疾患としての薄毛もある
  • 生まれつきの髪質や体質による薄毛

薄毛というと、加齢だったりストレスだったりと、
後天的な理由によるものだと思われがち。

でも、実は「生まれつき」薄毛になってしまうというケースもあるんです。

その一つが、先天性乏毛症という病気。
遺伝子疾患で、根本治療法がまだ見つかっていないものなのです。

そのため、このケースの場合は、植毛やヴィッグなどを使用していくのが一般的。

それ以外にも、生まれつきの髪質や体質によって、
薄毛になりやすかったり、薄毛に見えやすいというケースもあります。

たとえば、皮膚が極端に弱い人。
頭皮も、皮膚の一部です。

皮膚が弱く、炎症を起こしやすい体質の人は、頭皮でも同様のことが生じる可能性が。
そのことによって、髪が抜けやすくなってしまう人もいるんです。

他にも、髪が細い人も、薄毛に見えがち。

毛量自体は同じでも、髪の太さが異なると、
パッと見た目の印象は大きくことなります。

このように、加齢や生活習慣だけでなく、生まれつきの薄毛というものもありますので、
けして薄毛は男性だけ、高齢の人だけ、の悩みではないんですね。

■生まれつきだから!と諦めない、薄毛対策

生まれつきの体質だから、髪質だからどうしようもない?
諦めずにぜひ実施したい薄毛対策をご紹介!

 

  • 生まれつきだから、薄毛はしかたがない?
  • 改善可能な薄毛もある!諦めない対策を
  • 薄毛対策は髪と頭皮に良いこと!

薄毛に悩む人にとって、「生まれつき」というフレーズは
「改善の余地なし」とも聞こえる、がっくりしてしまう言葉。

確かに、疾患のように、効果的な対策が難しい症状があるのも現実。
でも、全ての「生まれつき」が改善の余地なしなわけではありません。

たとえば、先ほどご紹介した皮膚が弱いというケースや、髪が細いケースなどは、
対策によってある程度改善を期待することができる可能性があるんです。

完全に諦めてしまわずに、できるだけの薄毛対策を実施しましょう。

最初におすすめの薄毛対策は、シャンプーの見直し。

ヘアケアの基本である洗髪は、
使用するシャンプーでその影響度合いが大きく変わってきます。

市販されている一般的なシャンプーには、
界面活性剤やシリコン剤が配合されていることが多いもの。

洗いあがったあとの爽快感をアップさせるために、
メンソールなどのすっきり成分が配合されているものもありますね。

でも、これら、薄毛に悩むひとはできれば避けたい成分なんです。

頭皮にできるだけ刺激を与えず、必要な皮脂を残しつつ、汚れは落とす。
これが理想です。

そのために最近注目されているのが、アミノ酸系シャンプー。

石鹸系や高級アルコール系に比べて、洗浄力は落ちます。
適度な洗浄力で頭皮を守りながら洗うことができると評判なんです。

さらに、原料にこだわったオーガニック系シャンプーも注目されています。

オーガニックシャンプーは、原料に化学肥料不使用の植物を使用した、
本当に安心で安全なシャンプー。

頭皮と髪に与える刺激を最小限にすることができます。

これらを使用することで、頭皮のトラブルを最小限に食い止めたり、
頭皮環境の向上により、強くてしっかりした髪を育てやすくなることが期待されています。

シャンプーを置き換えるだけですので、特別なケア時間は必要なし。

薬を服用するような、副作用の心配もありませんので、
「とりあえず始めてみよう」で始めることができますね。

必ず効果が出ると断言できるものではありませんが、
髪と頭皮に優しいことは間違いなし。

メリットはあっても、デメリットはないことですので、薄毛に悩む人は、
ぜひ諦めずに「とりあえず」優しいシャンプー習慣を始めてみましょう!

■自分は大丈夫?これから薄毛にならないために気を付けたいこと

私は毛量が多いし、髪の毛も太目。薄毛とは無縁!
本当にそう?油断しないで、今から気を付けたい薄毛予防ポイントとは?

 

  • 髪の毛が「多め・太目」なら心配なし?
  • こんな習慣はNG!薄毛になるかも?な習慣とは
  • 抜け毛は髪の毛のSOSサイン

薄毛の悩みって、現在たくさん髪の毛がある人はつい人事だと思いがち。

でも、たくさん髪の毛があって、太さもしっかりしているひとでも、
薄毛になってしまう可能性はあるんです。

今から薄毛にならないための「予防」をぜひ心がけましょう。

先ほどご紹介した髪と頭皮に優しいシャンプーは、
もちろんおすすめの予防方法のひとつ。

現在の健康な髪と頭皮を守っていくためにとても有効な方法です。

それ以外にも、髪と頭皮に刺激を与えるNG習慣を
できるだけ排除していきましょう。

まず、頻繁なパーマやカラーはNG。
髪と頭皮に大きな刺激を与えます。

また、シャンプーのしすぎ、しなさすぎもNG。

洗いすぎは頭皮を痛め、必要な皮脂まで失う原因に。
逆にシャンプーをしないことも、汚れや油分で毛穴が詰まってしまう原因に。

そして、洗髪後、濡れたままの髪を放置するのもNG。

濡れた髪は摩擦で刺激を受けやすい状態に。
頭皮が長時間濡れたままになっていると、蒸れの原因となります。

そして、髪と頭皮の変化に気付いてあげることも重要。

抜け毛が増えてきたな、と思ったら、
それは髪と頭皮からのSOS信号かもしれません。

これを見逃すと、気付かないうちに薄毛が進行していってしまうかも?
抜け毛が増えてきたら、少し、日々の生活を振り返ってみてくださいね。

小さな注意事項をしっかり押さえて、
薄毛にならない健康な髪と頭皮を守っていきましょう。

■女性の体、意外なことが髪の毛に関係している!

女性が薄毛になるのって、どんなとき?
「そんなことが?」と思うほど、髪にはいろいろなことが関係していた!

 

  • 女性が薄毛になるタイミングって?
  • ダイエットをしたら薄毛になるって本当?
  • ストレス社会が女性の薄毛をつくる?

現在はしっかり髪の毛があると安心していても、
いつ薄毛に悩まされるようになるか分からないもの。

実は、女性には薄毛になる危険性がいっぱいあるんです。

たとえば、ホルモンバランスが変化するとき。
髪の毛には、女性ホルモンの働きが大きく関係しています。

この女性ホルモンのバランスは、妊娠や出産、閉経前後の更年期などに崩れがち。
そう、このタイミングで薄毛が進行する女性、多いんです。

さらに、女性の多くが試みる、
ダイエットも、薄毛を誘発するタイミングになることが。

食事制限ダイエットで、過度の食事制限をしてしまい、
髪と頭皮に栄養が行きわたらなくなると、だんだんと薄毛が進行してしまうのです。

ダイエットに一生懸命な若い女性に多いので、注意が必要ですね。

さらに、働く女性、育児や介護などで忙しい女性が増えて、
現代は「女性のストレス社会」なんて言われたりします。

このストレスも、薄毛の原因となることがあるんです。

強いストレスを感じていると、
頭皮が緊張状態になって、血行が悪くなってしまいます。

さらに、ストレスが原因となって、自律神経やホルモンバランスが乱れることもあり、
さまざまな要因が関わって、薄毛という症状があわられてしまうことも。

こう考えてみると、現在薄毛でない人も、薄毛って人事じゃないんですね。

髪と頭皮に優しい習慣をつけ、
今から「薄毛予防」を始めていきたいですね。