シャンプー選びで髪の毛を太くする!特徴まとめました。

■髪の毛が薄くなってきた!女性でも髪の悩みを抱えるもの?

髪の毛の悩みって、男性特有のもの?
実は、女性でも多くの人が髪のボリュームに悩んでいるんです。

 

  • 女性なのに、髪のボリュームが減ってきた!
  • 髪の悩みは男性だけ?
  • 最近では女性用の育毛剤などが充実

 

年齢とともに薄くなる髪。
でも、そんな悩みは男性特有のもの、と思っていませんか?

実は、髪のボリュームがダウンしてくるのは、女性も同じこと。

髪がぺったんこに見えてしまう原因はさまざまあります。

生まれつき、髪が細い人もいますが、
そうではなく、だんだんと変化したというケースも多々。

最近では女性用の育毛剤やボリュームアップシャンプーなども
多数販売されています。

髪の悩みは、珍しいことではありません。
悩みすぎず、便利なボリュームアップグッズを探していきましょう!

■どうして髪のボリュームがダウンするの?

髪のボリュームがダウンする原因は?
原因を知ることで対処方法を考える!

 

  • 髪のボリュームがダウンする原因とは?
  • ストレス、食生活は案外大きな要因
  • 毎日のヘアケアグッズ、もしかしてボリュームダウンの原因?

 

現代では女性でも多くの人が悩む、髪のボリュームダウン。

どうしてそのような現象が起きてしまうのでしょうか?
原因を知ることで、対処方法を探っていきましょう。

実は、髪のボリュームがなくなってくる原因には様々なものがあります。

まずは、内部的な要因から考えてみましょう。
たとえば、一見関係なさそうな、食生活やストレス。

健康な髪には、頭皮への十分な血行や栄養分が必要不可欠です。

ダイエットなどで過度の食事制限をしてしまうと、頭皮の栄養不足が生じ、
生えてくる毛にもコシやハリがなくなってしまうことも。

また、慢性的にストレスを抱えている状態は、頭皮に血行が促進されず、
こちらも健康的な発毛を阻害してしまう原因になります。

そして、外部からの要因も考えてみます。

たとえば、髪をきれいにしようと思って一生懸命付けている整髪料。

整髪料や寝癖強制剤などを髪の根元にたくさんつけてしまうと、
髪の根元や頭皮がべったりして、全体的にべタッとした髪になってしまいます。

シャンプーの種類でも髪質は変化します。

相性の良いシャンプーを使用することはとても重要。

髪質に対して、洗浄力の強すぎるシャンプーを使用してしまうと、
頭皮に必要な油分まで洗い流してしまい、髪の元気を失う原因にも。

シャンプー後のリンスやトリートメントも同様です。

しっとり感の強いものを選択してしまったり、毛先ではなく、
根元付近にたくさん使用してしまうと、髪がべったりする原因となってしまいます。

シャンプーは、ただ髪を洗うだけのものではないんですね。

■シャンプーにはどんな種類のものがある?

髪を洗うだけのものだと思っていたシャンプー。実は、髪のボリュームにも
大きく影響していたなんて驚きですよね。シャンプーの種類、調査してみました。

 

  • シャンプーは系統に分類される
  • それぞれの特徴まとめ
  • 使用しているシャンプーは何系?

 

今まで正直、パッケージやCMなどで選んでいたシャンプー。
種類があると知ったので、詳細を調べてみることにしました。

まず、シャンプーはいくつかの系統に分類されます。

石油系のシャンプーは、低コストが特徴。

ただ、ちょっと刺激の強い成分が含まれるため、
頭皮や髪に残らないよう、しっかりとしたすすぎが欠かせません。

石鹸系のシャンプーは、洗浄力の高さが特徴。

アルカリ性で環境や人体に優しいのですが、その洗浄力の高さから、
頭皮の油分も過剰に洗い流してしまうことも。

使用後のトリートメントなどが欠かせないタイプです。

そして、髪と頭皮に優しいと最近話題になっているのが、アミノ酸系シャンプー。

洗浄力はほどほどですが、そのぶん、髪に負担が少なく、
必要な油分を残して洗うことができると高評価。

ただ、原料が高いため、
他の種類のシャンプーに比べてお値段が高めなのも事実です。

ちなみに、我が家にあったシャンプーを確認してみたところ、
主に使用されている界面活性剤にラウレス硫酸アンモニウムが。

これは、脱脂力の高い石油由来のもの。
さらに、ツバキ油配合で「髪をしっとりまとめる」と。

いつも使用しているシャンプーは、
どのような特徴をもった種類のものでしょうか?

髪の悩みに合ったシャンプーを使用していきたいですね。

■髪を太くするにはどんなシャンプーがおすすめ?

髪のお悩みと特徴から考える、シャンプーの選び方。
髪を太くしたいなら、どんなシャンプーを選択すればいい?

 

  • 髪の健康は頭皮の健康から
  • アミノ酸系のシャンプーを選択するのがおすすめ
  • 髪に栄養補給ができるシャンプー、トリートメントを

 

シャンプーの特徴を知ったら、髪のお悩みや特徴に合わせて、
相性のいいものを選択するようにしましょう。

髪のボリュームダウンに悩み、髪を太くしたい!と思ったときには、
どのようなシャンプーを選択すればいいのでしょうか?

太くて健康的な髪には、健康的な頭皮が欠かせません。

そのため、髪を太くしたいという人は、
頭皮に優しく、適度な洗浄力をもつ、アミノ酸系シャンプーがおすすめ。

最近では、アミノ酸系の優しい洗浄力にプラスして、
髪の栄養を補給できるようなシャンプーやトリートメントが充実しています。

近所のドラッグストアなどではあまり目にすることが無いかもしれませんが、
インターネット上では本当にたくさんの商品が。

髪を太くしたい!と思った人は、
アミノ酸系のヘアケアシャンプーを選択してみてはどうでしょうか?

髪にボリュームをもたせる方法が知りたい!毎日できることご紹介!

■どうして?髪がぺったんこに!

なんだか最近、疲れて見える。
その原因は、ボリュームがなくなってぺったんこの髪の毛かも?どうしてぺったんこになっちゃった?

 

  • 髪のボリュームがなくなる原因とは?
  • 年齢だけじゃない。見落としがちな髪への影響
  • 髪のボリュームアップは毎日の習慣見直しから

 

なんだか、最近鏡にうつる自分、疲れてない?
もしかしたら、それ、髪の毛が原因かもしれません。

髪の印象は、人の全体を印象付けると言っても過言ではないくらい、
大きな影響をもつもの。

ボリュームがなくなってぺったんこになってしまった髪は、
全体のおしゃれ感をダウンさせます。

でも、以前はこんなのじゃなかったのに。
どうして髪の毛のボリューム、ダウンしてしまったのでしょうか?

まず思いつく原因は、年齢ですよね。
年をかさねると、髪の毛が薄くなるイメージがあります。

でも実は、髪のボリュームダウンの原因は、それだけじゃないんです。

たとえば、ストレスや薄毛、食生活など、さまざまなことが影響します。

そう、髪の毛のボリュームアップには、
その原因に合った、日々の習慣の見直しが必要なんですね。

■毎日のシャンプー選びで髪のボリュームは変わる!

シャンプーなんてどれも一緒?そんなことないんです。
毎日のシャンプーを変えると、髪のボリュームも変わるかも?

 

  • シャンプーはどれも一緒?
  • お悩み別、シャンプーの選び方
  • 髪にボリュームが欲しい人はどんなシャンプーを選べばいい?

 

髪のために見直したい習慣の一つが、毎日のシャンプー。
シャンプー、どう選んでいますか?

ずっと前からなんとなく使用しているもの?
香り?お値段?

シャンプーなんてどれも一緒でしょ?と言う人も少なくないのですが、
実はそうじゃないんです。

髪のタイプ、お悩みによって、おすすめのシャンプーは違います。

たとえば、髪のべたつきや頭皮のかゆみが気になる場合は、
洗浄力の高いシャンプーを選択。

それに対し、髪のダメージがお悩みの場合は、
優しく洗うことのできる、アミノ酸系シャンプーがおすすめ。

そして、ボリュームに悩む人には、
ボリュームアップに特化したシャンプーをおすすめします。

具体的には、しっとりとしたツヤを出すようなシャンプーをさけ、
ノンシリコン系のシャンプーで全体的に軽く仕上がるものを選択します。

洗浄成分も、洗浄力の強さよりも、
髪のハリやしなやかさを保てるようなものを選択すると良いですね。

洗浄力が高すぎると、頭皮の必要な油分まで洗い流してしまい、
髪に優しい頭皮環境を保てなくなります。

数多く販売されているシャンプー、その中から、
悩みを解決してくれるピッタリの1本を見つけることがとても重要です。

毎日のシャンプー習慣に、
相性の良いシャンプーを使用できるようにしたいですね。

■ドライヤー時に使える、ボリュームアップテクニック

髪を乾かす時にも、ボリュームアップのチャンス!
プチテクニックでぺったんこ髪を脱出しましょう。

 

  • 自然乾燥よりも、断然ドライヤー乾燥
  • 毛先を中心に保護をする
  • 根元から、ふんわり乾燥

 

髪を優しく洗ったら、
乾かす時にも、髪のボリュームをアップするチャンスが到来。

プチテクニックを使用して、
ふんわりボリューム髪を手に入れましょう。

まず、髪の乾かし方。
ドライヤーは髪が痛みそうだから、自然乾燥で、という人もいますが、それはNG。

実は、自然乾燥って、髪に優しくないんです。

長時間、髪や頭皮が濡れたままの状態でいると、
頭皮が蒸れ、じめっとしたぺたんこ髪の原因に。

さらに、髪がゆっくりと自然乾燥していくと、
その間、髪からは必要以上の水分が失われ続けています。

シャンプーの後は、ドライヤーでしっかりと、
水分を残さないように乾燥させることで、髪と頭皮を守ることができるんです。

まず、乾かす前に洗い流さないタイプのトリートメントを使用しましょう。
これは、毛先の保護のため。

根元にべったりつけてしまうと、
髪がボリュームダウンする原因となってしまいますので、注意しましょう。

毛先を中心に保護することを心がけます。

そして、いざ乾かす際には、根元付近、内側から風を当てるようにします。

外側から風を当ててしまうと、
全体的にまとまってボリュームダウンしてしまいます。

風の向きは、毛の流れに逆らうように。
根元を立ち上げるよう意識すると、生え際のボリュームが驚くほどアップします。

毎日、シャンプーの後数分のドライヤータイム。
その時間に少しのテクニックを導入して、ボリュームのある髪の毛を手に入れましょう。

■生活習慣が髪の毛に影響する?

髪のボリュームに影響するのは、シャンプーやドライヤーだけじゃないんです。
実は、関係なさそうな生活習慣が影響している可能性も?

 

  • 煙草を吸っていると、髪のボリュームがダウンする?
  • 産後など、ホルモンバランスの影響も
  • ダイエット、髪の栄養までダイエットしている?

 

ご紹介した、シャンプーやドライヤーは、
髪に直接影響しそうなことですよね。

でも、実はこれら直接的な原因だけでなく、一見無関係に見えるようなことも、
髪のボリュームに関係していることがあるんです。

たとえば、煙草。

煙草を吸うと、血管が収縮します。
その影響で、頭皮の環境も悪化し、慢性的なぺたんこ髪の原因になっている可能性も。

また、ホルモンバランスも髪に大きな影響をもたらします。

産後は、抜け毛が進行して髪のボリュームがダウンすることが知られていますね。
これも、ホルモンバランスの影響。

女性のホルモンバランスはとても繊細なもの。
ホルモンバランスを整えることも、髪のボリュームアップの一つの方法なんです。

そして、若い女性に多いのが、ダイエットの影響で栄養不足になっていること。

過度の食事制限などをしていると、
髪の栄養までカットしてしまっているかもしれません。

キレイのためのダイエットで、髪がパサパサのぺったんこになってしまっては、
残念ですよね。

食生活も髪に影響することを知り、適切な栄養摂取を心がけましょう。