どうにかしたい!透けて見える頭皮の地肌について

■地肌が透けてみえる…なぜ?

ちかごろ髪の分け目が白い…前より地肌が見えている!と思った方、それは薄毛の始まりかもしれません。

 

毎日80〜100本ほど自然に抜けている髪の毛ですが、なくならないのは
次から次へと生えてきているからです。
生えてくるんだから大丈夫!と思っていたのに、ある時気づいたら「!!!?」。

髪の毛の間から、地肌が透けて見えたり、分け目が白くぱっくりと割れていたり…
額の生え際だけが薄くなっているのではなく、頭全体の毛の量が減っていることもあります。

それもこれも全部、薄毛の兆候と言えます。
顔のお手入ればかりに気を遣っていた私も、ある時、前髪のボリュームが減ったことに気づきました。

かなり凹みました…30代後半でこれかぁ…と。
「スカルプケアをする年齢になったのかな」「もう抜けるばっかりなのかな」
と、半ば諦めていました。

でも、自分より年齢を重ねていても、毛がしっかりと元気に生えている人はたくさんいます。
あの人達と何が違うんだろうか…

そこで!女性の薄毛について、ちょっと調べてみました。

■女性の薄毛の原因はひとつではない

女性の薄毛を促進させる要因は大きく6つ

 

髪の毛の抜け変わりの、需要と供給のバランスが上手くいかず、薄毛になることがあります。
しかし、これ以外のさまざまな原因が重なって、薄毛が進行することが断然多いのです。

女性の薄毛の要因は大きく6つあります。

  • ホルモンバランスの乱れ

更年期になると、女性ホルモンなどが急激に減り、バランスが崩れます。
髪の毛が細くなるのは、女性ホルモンが減少するためです。

  • 加齢

加齢に伴いヘアサイクルも変化します。

髪の毛の成長期が短くなったり、髪のハリやコシなど髪質も悪化していきます。

  • ストレス

仕事や人間関係、生活の変化によるストレスもホルモンバランスや血流に悪影響を与え、
薄毛を進行させます。

  • 頭皮トラブル

自分の髪の毛に合わないヘアケア用品の使用などは頭皮トラブルを招きます。

髪の毛が生える土壌となる頭皮に悪影響を及ぼします。

  • よくない生活習慣

睡眠不足、偏った食事、運動不足、喫煙といった生活習慣が、血行不良を招きます。
それが原因で、髪質や頭皮環境の悪化につながり、薄毛の原因に。

  • 過度なダイエット

極端な食事制限などによるダイエットをすると、髪の製造工場となる毛根部に
必要な栄養や酸素が行き渡らない。

ミネラル摂取不足も注意です。
6つの要因の中で、思い当たることがありませんでしたか?

これらが髪の毛のハリやコシをなくし、ボリュームのない薄毛を作ってしまうのです。

■コラーゲンがなくなると薄毛に

コラーゲンが少なくなると、毛になる細胞もなくなる!

 

先日、東京医科歯科大グループが発表した研究が話題になりました。
コラーゲンが過剰に出るようにしたマウスの実験で、薄毛が抑制されたとのこと。

年を取ると薄毛になるのは、毛穴の奥にあるコラーゲンがなくなり、
毛になる細胞が働かなくなるからだそうです。

この研究結果を生かして、「コラーゲンがなくなるのを抑え、脱毛を防ぐ治療薬を5から10年で開発したい」
と、同大学難治疾患研究所の教授。

新たな脱毛治療薬の開発に期待ですね!

■悩みすぎないで!病院を受診してみましょう

薄毛や抜け毛は、もしかしたら裏に病気が隠れているかもしれません。

 

女性の抜け毛は複数の要因が重なって起りますが、病気が原因で抜け毛を誘発していることもあります。
抜け毛だけでなく、白髪も病気の自覚症状としてあらわれることがあります。

まだ若いのに、白髪が異常に多かったり、急激に増えたり。または、抜けたりという場合は、隠れた病気がないかを調べてください。

普段から下記のような症状がある人は注意が必要です。
①貧血

鉄分不足による貧血は、血液中の赤血球にあるヘモグロビン濃度が低下した状態。
髪へ十分な酸素や栄養を運ぶ事が出来ず抜け毛につながる。

②薬の副作用
抗がん剤の他、精神科で使う向精神薬、痛風や脂質異常症で使われる薬で
抜け毛が発生することがある。

③甲状腺の働きの異常
更年期の女性は男性に比べ、、甲状腺の病気が多くみられ、それが原因で抜け毛になることも…。

頭髪クリニックの患者さんも、甲状腺の治療をしている人は少なくないそうです。
④婦人家系の病気

卵巣のう腫など婦人科系疾患も抜け毛の原因。
生理周期の乱れは女性ホルモンがきちんと働いていない証拠。

放置することは、髪の健康にとってもよくないですよ。

女性の場合、抜け毛・薄毛の原因がひとつに特定できないことが多いのです。
だからこそ、病気の有無を調べる事は大切なこと。

毛髪専門の病院に行ってもいいですし、近くの婦人科でもかまいません。
もし、毛が薄く悩んでいたら病院を受診してくださいね。

かわいいボブにしたい!でも髪の量が少ない…

■少ない髪の毛でボブを楽しむには

少ない髪の毛でも、いろんな髪型を試したい!ふんわりボブを楽しむにはどうしたらいいのでしょうか

 

私は30代後半。
今まで腰まであるロングヘアーでした。

下ろしたままにしたり、キュッと強く結んでお団子にしたり…
いろんな髪型で楽しんでいました。
でも…気づいたら額の生え際の毛が少なくなって、頭皮が見えるようになってしまったのです。

今まで通り強く結ぶこともできなくなり、毎朝、とっても悲しい気持ちになっていました。
これ以上抜けないために、髪にかかる負担は少なくさせたいと思い、ボブにすることに。

でも、髪の毛が少ないのは変わりなく…
ボブにしても、悩みは減らないのでは?と思い始めました。

美容師さんに相談してカットに踏み切りましたが、
その前に少なくなった髪の毛について調べてみた結果をご紹介します。

■髪の毛にコシを持たせる方法

あきらめないでください!コシのある元気な髪になる!

 

まず、大切な一本一本の髪の毛にダメージを与えないことが大事。
ロングヘアーは髪の毛に負担がかかるので、ボブの長さに切ることは賢明だと思います。

栄養も行き渡り、毛先まで潤いをキープできると思います。
切ることで、痛んだ部分を除くことができますし、一石二鳥ですね。

少ない髪の毛でのボブは、シルエットがストンと下に降りて、
スタイリングで無理矢理押さえつけなくてもいいわけですから、楽?

ですが、ボリュームのあるボブヘアが希望だとすると悩みますね。
毛が少ないと頭皮も目立ちます。

毛根から立ち上がるハリのある元気な髪の毛にするには、
まずは頭皮マッサージ。
頭皮の血の流れが悪いと、毛に栄養が行き渡りません。

マッサージは、①側頭部から頭頂部まで両手でほぐす。
②生え際の皮膚にも刺激を与える。

③両耳の上の髪の毛を多めにつかみ、斜め上にひっぱって刺激を与える。
④できるだけ上質なブラシで、いつもとは違う方向からブラッシングするのも効果的。

マッサージの他に、とっても大事なことがあります。
それは「栄養補給」。

毛にハリを持たせるには、「タンパク質」の摂取は欠かせません。
肉・魚・大豆を普段の食事に、バランス良く取り入れてください。

食生活の乱れが、髪の毛に与える影響は大きいのです。
少ない髪の毛にハリが戻れば、見た目も変わってきますよね。

■ボリュームを持たせるボブ

ふんわり、かわいい「エアリーボブ」がおすすめです♪

 

まず、「ドライヤー使い」をマスターしましょう。
頭を下に向けて、髪の毛全部を下に垂らして、逆立たせてください。

そのまま、ドライヤーして!
頭を普通に戻した時に、髪の毛が毛根から立っているはずです。

洗髪後は、この方法で毎回乾かしてください。
そして、朝、スタイリングする前は、髪の毛がドライヤーの熱に負けないように
少しだけ保護剤を付けるといいですよ。

簡単なのは市販のエアリーヘア専用のスプレーやワックスを使うことです。
こめかみの辺りから指を開いた状態の手を入れ、髪の毛を立ち上げたままの形でスプレー!

空気が入ったようなボリュームのあるボブヘアができます。
夕方まで長持ちするスプレーもありますから、安心ですね。

ワックスの場合は、取る量は少なく…手のひらで薄く伸ばして毛先から少しづつ付けていきます。
軽くササッと馴染ませてくださいね。

注意ですが、根元には付けないでくださいね。
重た過ぎて、髪の毛が寝てしまいます。

頭皮が見えるのが気になるのであれば、太めのヘアーバンドでおしゃれに見せることも。
私は時間がない時、ヘアーバンドで済ませてしまいますが、小綺麗にまとまって良い感じです。

あとは、前髪がないより、あったほうがいいですね。
頭皮が見えてしまうのを隠すことができますからね。

私は、ネットでアップされているヘアアレンジを、たまに参考にしますよ。

■まとめ

すべての髪の毛の悩みには、内側から…外側からの栄養補給が大切です

 

髪質や量は、人それぞれ違いますし、悩みもそれぞれです。
生まれながらの体質の人もいますが、年齢を重ねるたびに少なくなっていくのは、
要注意です。

抜けた分が、補充されないのであれば、少なくなる一方…。
いわゆる”薄毛”が進んでしまいます。

髪の毛にも、十分な栄養が必要なことがわかりましたから、
自分の日々の食生活を見直してみる良い機会です。
頭皮の血行も関係しているので、体全体の冷えについても考えなければいけませんね。

女性用の育毛剤を使って、頭皮マッサージもしてください。
内側からも、外側からも栄養をたっぷりと与えてくださいね!

ちなみに睡眠も大切です。
生活環境の見直しは、面倒な部分がありますが、少ない髪をこれ以上少なくしないために、
少しだけ努力しましょう。

デリケートな細くて柔らかい毛を持つあなたへ

■細くて柔らかい毛の悩み

細くて柔らかな毛…女性にとっては、憧れの毛質なのでは?と思いますが、逆に悩んでいる方が多いのです。

 

細くて柔らかい毛は、触っているだけで気持ちよく、女性らしく、
憧れる髪質ですよね。
子どもの時から、”猫っ毛”と呼ばれる柔らかい毛質の方がいらっしゃいます。

「体質だから仕方ない」と、割り切っている方も、年を重ねるとそうも言っていられなくなります。
体質だった細い毛が、30代後半になると今度は年齢が関係して更に細くなってしまうのです。

柔らかい毛に関して言えば、年齢と共にクセが出てきたり髪質が変化しますから、
ふぁーっと広がりやすくなります。
剛毛で量の多い方も、30代後半には細く薄くなっていきます。

ボリュームもますます無くなりますし、スタイリングにも困りますよね。
食い止める方法ってあるのでしょうか?

■毛が柔らかいのは何故?細いのは?

くせ毛と細い毛の原因はなんでしょうか?調べてみました。

 

柔らかいクセ毛は、ほとんどの場合、遺伝によるもの。
でも、小さい時にくせ毛だったのが、大人になったら髪質が変わった…なんて話も良く聞きます。

細くなる原因にはいくつかあって、年齢によるホルモン分泌の変化が原因のものや、
髪の毛を酷使してきたことによるものがあります。

若い時から、カラーやパーマを繰り返していたり、強い紫外線を浴びたりしていると、
年齢が若くても痛んで細くなってしまいます。

では、ホルモンの分泌量の変化が原因で細くなるのはどうでしょうか。
止めることができないのでは?と思いますよね。

完全に止めることはできませんが、症状が悪化するスピードを遅くすることはできます!
細くなって抜け毛がひどい場合には、ホルモン補充する方もいらっしゃいますが、
次で自宅でできるケアをご紹介しますね。

■毛にコシを持たせるために…

細いのは、栄養補給で!柔らかいのは、美容院でケアを。

 

髪の毛が細くなってしまうのは、どう食い止めたらいいのでしょうか。
逃げることはできないのでしょうか?

いえいえ、どんな髪の毛の悩みも、症状を止めることはできるんです!
ちょっと安心しましたね。

家でできることは、頭皮の血流を良くする事と育毛シャンプーなど、外から補うやり方です。

育毛シャンプーしながら、頭皮マッサージが有効。
そして、髪の毛に届くように体の中から栄養を!

髪の毛にハリとコシを持たせるためには、タンパク質が重要です。
タンパク質を多く含んだ食品を積極的に摂取してください。

肉や魚、大豆などのタンパク質、そして、その吸収をよくするためのビタミンB群も忘れずに…。
(玄米・ナッツ類・卵など)

これだけではなく、栄養バランスの良い食事を心がけてください。
プラス、睡眠も大事です!

柔らかい毛は、美容院で相談することをおススメします。
縮毛矯正する方もいらっしゃいますが、毛を傷める原因になりますから、
避けたほうが無難でしょう。

■優しくいたわる日々のケア

摩擦や静電気に気をつけて生活してみよう

 

30代後半の私は、洗髪している時、濡れている髪の毛を無理矢理ブラシでとかしていました。
若い時は、そう気にもしていませんでした。

でも、この行為、絶対にしてはいけないことだったんです。
髪の毛は、濡れている時に1番ダメージを受けやすいのだとか。

もちろん、たくさん髪の毛が抜けていましたよ。
知らないって怖いですね…

そして、極めつけに髪の毛は自然乾燥…余分な水分を拭き取ったら放置…
これも、髪の毛にとってはとてつもなく悪いことだったんです。

濡れている時に1番ダメージを受けやすいという理由は、キューティクルに関係しています。
髪の毛のうるおいを閉じ込めておくうろこ状のキューティクルは、濡れた時に開くのです!

そして、乾燥している時には閉じている…。
ですから、濡れている状態の時にぶらしを無理矢理かけることは、
キューティクルを剥がしてしまう行為。

洗髪後の自然乾燥も同じく、濡れた状態を長時間放置しているとキューティクルが開きっぱなしで、
栄養分が外へと逃がすことに…。

細くて柔らかい毛だと、与えるダメージも多いことでしょう。
洗髪後に、自然乾燥している方、自然乾燥が良いと思っている方は、
必ずドライヤーで、8割でもいいので乾かすことがベストです。

早く潤いが戻って、次の日の髪がしっとりとしますよ。

さらに、細くて柔らかい毛の人は、冬の静電気に気をつけていただきたい。
潤いがないと乾燥して、静電気が起きやすくなります。

摩擦が起きないよう、ダメージを与えないよう、寝る時にも髪の毛を保護して就寝してください。
”ナイトキャップ”と聞いても、海外の子どもが寝る時に三角帽子を被っている姿を思い出すだけですよね。

ネットで検索してみてください!
今、大人用のシルク製ナイトキャップが売っていて、被って寝ると、
朝髪の毛がツヤツヤになるんだとか。

寝ている時の寝返りで、知らないうちに枕と毛が摩擦を起こしているのを、
防いでくれます。
私も今、ナイトキャップを購入予定です。

髪の毛も、自分のからだ同様、いたわらないといけない年齢なのだな…と感じますね。
いつまでも綺麗で満足のいく髪の毛のために、もう少し手間をかけてあげたいものですね。

髪のお悩み上位に!細くて絡まってしまう髪の毛について

■細くて絡まる髪の原因は摩擦

細くて絡まりやすい髪の毛は困りもの…その原因は体質の他に、髪のきしみ(摩擦)が関係していました!

 

細くて絡まりやすい猫っ毛な髪質は、体質のせいもありますが、多くが間違った知識とケアが原因。
私自身も、あまり気にしていなかった事ですが、中でも”摩擦”が髪の毛に与える影響は大きいのです。

先日、テレビ番組で女優さんが寝る時に「シルクのナイトキャップを使っている」と言っていました。
寝ている間も、寝返りをうつたびに枕と髪の毛の間に摩擦が起きている…

ナイトキャップを着けて寝ると、髪の毛を保護してくれて、なおかつシルクのおかげでツヤが出るとのこと。
寝ている間、自分の髪の毛には何のダメージも与えていないと考えていた私は、
これを聞いて少し驚いてしまいました。

しかも、寝返りをうつだけで髪の毛に摩擦が起きているなんて…それだけで?!
髪の毛って、考えていた以上に、些細なことですぐにダメージを受けてしまう繊細なもののようなのです。

相当な猫っ毛の体質の方、あるいは、昔と違い今細くて絡まる髪になってしまった方は、要注意です。
生まれたての赤ちゃんの後頭部は、枕に触れている髪の毛が絡まりますね。

大人の猫っ毛は、そこまで柔らか過ぎではありませんが、赤ちゃんとは違い、
大人の髪の毛の質は下降していくばかり。
摩擦から髪を守り、さらにどんなことに気をつければ、絡まらないで済むのか、
調べてみました!

■キューティクルも関係している

キューティクルがない髪ほど、絡まりやすい!

 

キューティクルとは、髪の毛の表面のことを言います。
形状は、うろこ形になっており、これが整っている状態であれば、健康でツヤのある髪の毛です。

キューティクルが剥がれた拡大写真を、シャンプーのCMで見たことのある方は多いと思います。
剥がれている状態は、ダメージを受けている、そして乾燥してツヤのない髪の毛ということになります。

キューティクルがどうゆう状態になっているかは、肉眼では確認することができません。
ですから、このところ乾燥してパサついていると感じたり、細くなり絡まったりしているのであれば、
キューティクルの状態が悪い?と思ってください。

一度剥がれてしまったキューティクルは、修正することができません。
痛んでいる所を切ってしまうのが手っ取り早いし、切らない限り痛み続ける…

どうしても切れない場合は、外からの補修を毎日続ける必要があります。
キューティクル補修トリートメントを使ってくださいね。

美容師さんに相談するのもいいですね。
美容室に置いてあるトリートメント剤など、おススメのものがあれば購入してみるのも手です。(*´∇`)ノ

■髪のハリを取り戻すには

髪のハリを取り戻すためには、タンパク質を摂取することが大切です

 

細くて絡まる髪に足りないのは、キューティクルとハリです。
一本一本が太くなることはありませんが、元気があれば見た目もいいですよね!

ハリを与えるには、肉や魚、豆腐などのタンパク質が必要です。
そして、タンパク質の吸収をよくするためには、ビタミンB群も必要。

ビタミンB群を含んだ食品は、胚芽米・玄米・ナッツ類・小松菜・キノコ類・卵など。
でも、こればかりを摂取するのではなく、食事はバランスよく
食べてくださいね。

睡眠もかなり重要です。
髪の毛も、体と同じで、生活環境に左右されるんですね。

■こうして解決!セルフケア

髪の毛のために、バランスの良い食事と、たっぷりの睡眠。
あとはセルフケアです!

 

髪のキューティクルは、濡れている状態だと開きっぱなしになるので、
濡れたまま放置していると栄養分が外へと出てしまうとのこと…。
洗髪後はなるべく、早くドライヤーで乾かしたほうがいいです。

自然乾燥が良いと思っていた方、それは間違っています…。
自分もたまに面倒で、タオルで包んだまま放置してしまうことがありますが、
次の日、絶対にパサついています。

しかも、全体的に髪の毛が広がっているので、スタイリングがうまくいかず、朝からどんより…。
きちんと乾かした日は、寝ている間に髪の毛に潤いが行き渡っているんです。

乾かす時の注意点がひとつ!
痛んでいる毛先にワックスをつけドライヤーをして、乾燥しすぎないようにしてください。

なるべく自然派のオーガニックのものがいいでしょう。
洗い流さないトリートメントも効果ありです!

絡んでしまった髪は、無理矢理ブラッシングしないことはもちろん、最初は手櫛でササっと絡まりを取りましょう。
その後は、毛先から徐々にブラッシングしていってください。

そして、先にも上げましたが、ナイトキャップはいいですよ。
寝ている間の髪の毛を保護してくれますし、絡まりも防いでくれます。

ネットの通販で検索すると出てきますから、購入してみてください。
日々の正しいケアで、だんだん絡まりも少なくなっていくと思いますよ。(人´∀`*)

気がついたら髪の毛が細くて少なくなっていたあなたへ

■細くて少なくなってないですか?あなたの髪の毛は大丈夫?

気がついたら以前より生え際の地肌が見えている…薄毛の悩みを抱えた女性は多いんです

 

女性も男性も、容姿の悩みの中で「毛」の問題は深刻。
薄くても、また、多過ぎても困る…理想を上げたらきりがないですが、
細くて少ない髪の毛は1番の困りもの…

体質で髪の毛が細くて少ない方もいらっしゃるでしょう。
でも、そうでない方のほうが大半を占めていると思います。

気がついたら、分け目の地肌が白く見え過ぎていたり、以前より髪の毛の量が少なくなったり…。
30代後半の私は、出産して3年が経ちますが、近頃、髪の毛のボリュームが減ったと感じています。

特に、額との生え際と頭頂部の毛がぺたんこで、育児で疲れた顔をさらに老けさせています。彡(-ε-;)彡
一本一本が細くなってきているし、このまま薄くなってしまうの?と心配になります。

円形脱毛は、皮膚科に行けばいいですが、髪の毛全体の悩みは
いったいどこで診てもらったらいいのでしょうか?
調べてみたところ、女性の髪の毛の悩みは、女性外来のある皮膚科に行くと良いようですよ!

髪が抜ける、細くなってきている原因を特定することができます。
必ず、改善方法はあるそうなので、どうにかしたい!と思ったら、婦人科と皮膚科がある病院へ行きましょう。

■髪の毛が細くて少ない原因とは?

もし当てはまる数が多かったら、要注意「髪のチェックリスト」をやってみましょう

 

  • 髪の毛が細くなった
  • 抜け毛が気になる
  • 白髪が増えてきた
  • たばこを吸う
  • 日頃、過度のストレスを感じている
  • 頭皮のべたつきが気になる
  • 以前に比べ、地肌が目立つようになった
  • 過度なダイエットをしたことがある、している
  • 以前に比べ、髪の毛のセットが決まらない
  • 1日の平均睡眠時間は6時間以下

 

10個中、いくつ当てはまったでしょうか。
このチェックリストの内容からわかるように、髪の毛の健康は生活習慣で左右されるのです。

その他、10代の頃からパーマやカラーリングを繰り返していたり、強い日差しにさらしていませんか?
若い時はいいかもしれませんが、30代・40代に突入した時、髪のほうが先に老化しかねません。

■髪に栄養を!

髪の毛の悩み解決には、内から外から栄養補給です!

 

健康な毛髪には、やはり栄養が不可欠。
タンパク質やビタミンB、葉酸、ヒアルロン酸などの栄養が必要です。

髪の毛も血からできているー。
私の行きつけの漢方薬局の先生の言葉です。

出産後、髪の毛がごっそり抜けた時、胎盤エキスの入った漢方薬を購入して飲んでいました。
出産後に毛が抜け落ちる原因も、赤ちゃんに栄養を取られたから…との説があります。

健康でハリのある髪の毛であるためには、肉や魚、大豆などのタンパク質が1番重要です。
そのタンパク質を吸収しやすくする、ビタミンB群(ナッツ類・小松菜・卵・玄米など)も一緒に摂ってくださいね。

そして、外からの栄養補給ですが、スカルプケアシャンプーなどの育毛シャンプーを試してみてください。
友人は、子どもから「早めのケアだよ」とプレゼントされたそうです。

髪に優しいオーガニックシャンプーもおススメ。
美容院でのヘッドスパや、専門のサロンでの毛髪診断士に見てもらうのもいいでしょう。

毛髪診断士には、頭皮や毛根の状態を検査してもらうことができます。
毛穴のつまりは抜け毛のもとですから、もしつまっていたら、クレンジングやマッサージで改善してもらいましょう。

■ボリュームを持たせる方法

細くて少なくなった髪の毛のスタイリングは、どうしたらいいのでしょうか。

 

髪の毛に与えるダメージや、栄養補給、マッサージが大切ということはわかりましたが、
減ってしまった髪の毛はどうアレンジしたらいいのでしょう。

少なくなった髪の毛を、どう多く見せるか…がポイントです!
そのために、毛根から毛を立たせることから始めましょう。

ドライヤーは、前屈した状態で頭を下げ乾かしてくださいね。
ブラッシングは、頭皮のマッサージも兼ねて、いろんな角度からブラッシングしましょう。

体を元に戻すと、毛根から毛が立ち上がっていると思います。
そうしたら、今度は固まるヘアスプレーやワックスの出番!

今、空気を含んだようにエアリーヘアが作れるスプレーやワックスが売られています。
スプレーは、手で軽く持ち上げた髪の毛の内側をスプレーするようにしましょう。

ワックスは、少量を手でのばし、髪の毛をつぶさないように優しく地肌に指を入れて持ち上げるようにしてつけてくださいね。
頭頂部の分け目が気になる私は、前髪を三つ編みの編み込みをして隠したり、
幅のあるヘアーバンドをしたりしています。

時間のない時は、ピンを使って簡単にポンパドールしたりしますよ。
これだ!という髪型、みなさんも見つけてくださいね。(*´∀`*)ノ

もう髪の毛は結べない!?頭皮が見えてハゲているように見える…

■いつからこんなに地肌が!?

気づいたら頭の分け目が広がっていた…地肌が目立つようになったのは何故なのでしょうか。

 

頭頂部の髪の毛の密度って、かなり重要なんだなと悟ったのは30代半ば。
気づいた時には、ちょっと遅かった…

髪の密度が十分にあって、分け目の地肌が全く見えなかった若い頃が懐かしい。
強く結んだって、何かに引っかかって髪の毛が抜けたとしても、何も気にする事はなかったんです。

でも今、結ばないで髪の毛を下ろしていたって、地肌が少し目立つようになり、
まるでハゲているよう…。
どうしてこんなに目立つようになってしまったんでしょう。( ꒪⌓꒪)

年齢のせい?洗髪の仕方が悪かった?
いつも同じ分け目で、ギュッと結んでいたのがいけなかった?

気がつくと、部屋の床に自分の髪の毛がたくさん!
知らぬ間にハラハラと落ちているんだろうと思います。

こんな深刻な状態を、どうやって回避したらいいのでしょうか。
抜け落ちるのを止めることって、できるのでしょうか?

■普段、何に気をつけたら良いの?

髪の毛にとってのダメージとは、どのようなものなのでしょうか。

 

女性は、早いと高校生ほどの年齢で、髪の毛を染めはじめます。
一度染めてしまったら、なかなか生まれながらの色に戻すことは出来ないですね。

周りも染めているし、頻繁に色を変えて、おしゃれするのはいいんですが…。
10代の頃から髪を染め続けていると、髪の老化が早まるのは間違いないです。

しかも、薬局で安く手に入るヘアカラーは、美容院で染めるのと違って、香りもキツく、
いつまでもカラーの成分が抜けていきません。
安いですし、自分で染めたい時に染められるんですから、とっても便利ですが…

あまりおススメはできませんね。
どうしても染めたい時には、やはり美容院がいいです。

でも基本、カラー剤は髪の毛にダメージを与えます。
ほどほどにしてくださいね。

そして、強い日差しを浴びると、髪の毛が日焼けしてしまいます。
日焼けした髪をケアせずにいると、毛髪の栄養を失うことになります。

栄養が行き届かないと、言うまでもなく”抜け毛”の原因に。
髪の毛は、年齢を重ねるごとに表面のツヤやハリ、弾力が失われ、
細くなっていきます。

加齢現象を止めることはできませんが、進行を遅らせることはできます!
でも、若い時から、染めること、日焼けなど、髪の毛に悪いと思われることは控えめにしましょう。

■髪を、生き生きさせるには

健康な毛髪を保つには、”からだの内側”から!

 

健康な毛髪って、どうゆう意味なのでしょうか?
シャンプーのCMでやっているような、キューティクルが半端ないつるつるした髪の毛を想像する方、
多いのではないでしょうか。

そして、いいシャンプーを使うことで、それが保てるのではないかと考えますよね。
もちろん、外からのアプローチも必要ですが、からだの内側も大切です!

健康な毛髪には、タンパク質、ビタミンB群、葉酸、パントテン酸、ヒアルロン酸などの栄養素が必要。
食事で必要な栄養分を補給してください。

これらの栄養素は、年齢とともに減少しますから、十分に毛髪にいきわたらなくなります。
そして、まだまだ若い20代でも、無理なダイエットや乱れた食生活はタブー。

必要な栄養素が摂取できていないわけですから、髪の毛も抜けるし細くなってしまいます。
慢性的に睡眠不足だったり、仕事での過度のストレスも要注意です。

髪にハリをもたせるには、肉や魚、豆腐などのタンパク質を摂取。
そしてタンパク質の吸収をよくするため、ビタミンB群を一緒に摂取しましょう。

胚芽米、玄米、ナッツ類、小松菜、卵などが、ビタミンB群です。
積極的に食べてみてくださいね。(o˘◡˘o)

■結ぶのは少し我慢して!

結ぶのはちょっとの間おやすみ…その間、セルフケアで対策を

 

抜けたり細くなって頭頂部の地肌が見えてきたのなら、髪の毛を結ぶことは控えるに限ります。
分け目を変えて結んでも、またそこがハゲてきて、結局全部がまんべんなくハゲることになり兼ねません。

私は年齢のせいもあり、毛の一本一本が細くなっていますから、たまに必要があって結ぶと
ひっぱられ、毛が痛い…

近頃は、髪の毛をずっと下ろしています。
どうしても結ばないといけない時には、ゆるく結び、分け目のハゲはヘアーバンドで隠しています。

ヘアカラーは、メッシュがおススメですよ。
ベースになるこげ茶の髪の中に、明るい色をところどころ縦に入れたスタイル。

カラーの色を、明るくし過ぎると、地肌がもっと目立つとのことです。
色は、控えめにしたほうが良さそうです。

育毛シャンプーも、毛を生やすだけではなく、抜けないための予防も兼ねています。
シャンプーで洗いながら、頭皮の血行を促進してください。

血流をよくし、髪の毛に栄養が行き渡るようにしましょう。
風呂から出たら、髪の毛を逆立てるようにドライヤーをして、毛根から立たせるといいですよ。

前髪がないヘアスタイルなら、これを機会に前髪を作ってもいいですよね。
それと、髪を短めにカットすると栄養がいき渡りますから、生き生きしてきますよ。

バランスのよい食、生活習慣を見直して、抜け毛&細くなる毛の進行を止めましょう!

近頃、髪の毛のボリュームがない…ぺったんこでお悩みのあなたへ

■髪の毛ぺったんこ…女性の薄毛

頭頂部の地肌が見える!どう対処したらいいのでしょう?

 

もう少し髪にボリュームがあったら…。
以前はキツく結んだり、横にふんわり流したり、髪型を自由に楽しむことができていたのに、
どうもうまくいかない…。

そして夕方になると増々、髪の毛に元気がなく、ぺったんこになっていたりしませんか?
ぺったんこの原因は様々…元々髪の質が細い、湿気に弱い、髪が痛んでいて抜けている…

もし、あなたが30代後半なら、個人差はありますが、ホルモンが原因で薄毛になっているかもしれません。
斯く言う私も、30代後半です。

先日、子どもに「かーさん!前髪ハゲてきてるよ!」と言われました…。

髪の毛の抜け具合と、髪の毛を結んだ感じで自分でもわかってはいましたが…。
自分以外の人に気づかれると結構ショックなものですね。

髪の毛が少ない中で、どうボリュームを持たせたらいいのでしょう?

■年齢からくる薄毛とは?

髪の毛の質まで変わる!?加齢による薄毛は、見た目年齢も高くしている要因に…

 

女性は出産と共に、髪の毛がごっそりと抜け落ちる人がいますね。
産後の抜け毛の原因のひとつは、赤ちゃんに栄養分を吸い取られ、抜けてしまうということ。

もうひとつは、産後のエストロゲン分泌がストップすることにあります。
個人差はありますが、出産による抜け毛は、2〜6ヶ月でまた生え始めます。

ごっそりと髪の毛が抜けますから、生えてくる時は少し恥ずかしい状態になります。
生え際が、ぴょんぴょんとした短い髪の毛でいっぱいになるのです。

女性の髪の毛は、こうしたホルモンや栄養のバランスなどの変化に常に影響されているんですね。
産後の抜け毛は、新しく生えてくるんですから、まず心配ないと言って良いですね。

でも、高齢出産した場合は、元に戻らないことも考えられるそうです…。

自分は出産して3年経ちますが、少しだけ新しい髪の毛が生えてきてストップ…
ボリュームが消えたような気がします。
やはり量が戻らないのは、年齢のせいですね…。

加齢による薄毛は、30代後半、40代、50代…更年期が進むにつれて、
ひたすら下り坂になっていきます。
近頃は、薄毛で悩まれている女性が多く、婦人科を受診される患者さんも多いようですよ。

年齢を重ねた薄毛の場合は、抜けることももちろん、毛の1本1本が細くなっていくのも原因。
結果、ボリュームもなくなり、おまけに髪質も変わり、”うねり”が出てくるという結果に…。

以前は、抜けたら生えてきていた髪の毛も、今では抜ける一方…
あるクリニックでは、薄毛などの髪の毛の悩みで受診される女性が1ヶ月で1000人を超えたそうです。

■ぺったんこの髪の毛のケア

ぺったんこの髪の毛は、どのようなケアが必要なのでしょうか。

 

生まれもった体質で、髪の毛の量が少なかったり細かったりする方もいらっしゃいますね。
私の友人は、生まれつき髪の毛の量が少なく、20代前半にもかかわらず、
地肌が見えていました。

「将来は、女性用かつらだな」と自分で言っていました。
彼女は、普段は絶対に髪の毛は結ばず、染めると痛むので黒髪でした。

頭頂部がぺったんこでも彼女は特に気にしていないようでしたが、ケアだけはちゃんとしていました。
他に、どんなケアをしたらいいのか調べてみましたよ。

頭皮の毛根(毛母細胞)に栄養が行き渡らなくなって、毛が細くなったり、
髪質が変わってしまうというケース。
血流の低下が原因だということです。

「頭皮マッサージ」「頭皮ケア」と、CMでよく聞きますね!
血流をよくして、毛に栄養を行き渡らせると、生き生きとした髪の毛になります。

その他、紫外線やパーマやカラーリングのやり過ぎなどの刺激で、
ダメージを受けている場合もあります。

■スタイリングでふんわり髪に

ぺったんこを回避!ふんわり髪になるスタイリングを紹介します!

 

まずは、肌と同じように紫外線ケアと保湿、正しい洗髪が基本です。
シャンプー前に頭皮マッサージで血行をよくして!

ちなみに私は、オーガニックシャンプーを使っています。
地肌と髪に良い物を…と思って使い始めました。

洗った後は、自然乾燥ではなく、必ずドライヤーで軽く乾かしてくださいね。
頭皮が濡れている状態は、いけません。

頭頂部をふんわりさせる方法は、体を前屈して頭を下げた状態で、ドライヤー&ブラッシングをしてください。
根元から髪の毛一本一本が立つように逆立てている状態になります。

スタイリング剤は、できるだけ薄く、髪の毛が重たくならない量を手にとってください。
両手で伸ばしたら、こめかみの位置から手を髪の毛の中に入れて上に持ち上げるようにしてください!

根元から立たせるように、いつもの分け目ではないところで分けてみたりしてくださいね。
髪の毛を逆立てた状態で、スプレーするのもいいですよ。

何をしても、ぺったんこになってしまうのなら、美容師さんにアドバイスをお願いするといいですよ。
今、髪の毛をふんわり保つスタイリング剤が色々売られているので、駆使するといいですね。

原因は?髪の毛が急に細くなった時に考えたいこと

■髪のボリューム不足、抜け毛?それとも?

最近、髪全体のボリュームがダウンしたような気がする。
老けて見えてしまう髪の減少は、抜け毛が原因?それとも?

 

  • 髪のボリュームが減少すると、印象が変わる
  • 抜け毛が増えていないのにボリュームダウンする原因とは?

 

女性にとって、とても大切な髪。
おしゃれなヘアースタイルのためには、元気でハリのある髪が必須!

でも実は最近、女性の薄毛に悩む人が増えているんです。
女性の薄毛の特徴は、全体的にボリュームダウンすること。

そのため、なかなか変化に気付かず、
いつの間にか薄毛になっているというケースが珍しくないんです。

ぺったんこになってしまった髪は、全体の印象を変えてしまいます。
かなり老けた印象になってしまうことも。

そのボリュームダウン、どうして起きたのでしょうか?

抜け毛が増えた場合は、その変化に気付きやすいのですが、
実はそうでなくても薄毛が進行することがあるんです。

それは、髪自体が細くなってしまうケース。

全体の髪の毛の本数はさほど変化していなくても、
髪が細く元気がなくなってしまってくると、見た目のボリュームはダウンしてしまいます。

抜け毛じゃないのに、なんだか髪の様子が変わってきたという場合、
髪が細くなっている可能性も考えてみる必要がありそうですね。

■髪の毛が細くなる原因とは?

急に髪が細くなってボリュームダウンしてしまった!
どうして髪が細くなる?その原因を調査しました。

 

  • 髪は何でできている?栄養不足の観点から。
  • 栄養以外にもある、髪が細くなる原因
  • 髪の元気、簡単セルフチェック

 

気付かないうちに、髪の毛が細くなって元気がなくなってしまった!
そもそも、髪の毛って何からできているのでしょうか?

実は、髪の毛はタンパク質でできています。

お肉やお魚などの動物性タンパク質と、大豆などの植物性タンパク質、
その両方が必要となります。

そのため、食事でタンパク質が不足してしまうと、
髪の毛の元がなく、元気な髪を生成することができなくなってしまうのです。

もちろん、タンパク質させあればいいというものではありません。

髪の毛を作るためには、栄養分を頭皮に運んでくれるビタミンEや、
タンパク質を髪の毛に変えてくれる亜鉛が欠かせません。

特に、この亜鉛が不足すると、
弱い髪しか生えてこなくなってしまいますので、要注意です。

また、栄養不足以外にも髪の毛が細くなる原因として考えられるのが、ストレス。

強いストレスを感じている状態では、頭皮が硬くなり、
正常な血流が保たれなくなっています。

この状態が続くと、頭皮が栄養不足になり、
結果、そこから生えてくる毛も細く弱弱しいものになってしまうと言われています。

女性は、ホルモンバランスや自律神経の乱れによっても
頭皮環境が大きく左右されます。

髪が細く、元気がなくなってきたかな?と思ったら、
抜けた髪を軽く結んでみてください。

元気な髪は弾力がありますので、結んだ時に元に戻ろうとする力が働くもの。

栄養不足で弱った髪は、抵抗なく結ぶことができてしまいます。

なかなか気にすることのない、髪の元気。
簡単な方法ですので、ちょっとチェックしてみてくださいね。

■太くて元気な髪にするために

弱ってしまった髪を元気にしたい!
太くてハリのある髪にするために、ぜひしたいことをご紹介します。

 

  • 栄養バランスの取れた食事を!
  • 足りない栄養分はサプリで補給
  • 頭皮からも栄養補給して髪を元気に!

 

細く弱弱しくなってしまった髪、どうにか元気にしたい!
そんな時ぜひ実施したいこと、調査してみました。

まず、食生活の見直しから。

私たちの体は、やっぱり食べたものでできているんですよね。
栄養バランスの取れた食事、とても大切です。

忙しくて偏ったものしか食べていなかったり、
ダイエットのために食事制限してしまっていたり。

それらが原因で生じる髪のボリュームダウンも珍しくありません。

髪を構成するタンパク質はもちろんのこと、ビタミンやミネラルも忘れずに。

どうしても忙しくてそんな暇ない!という場合には、
足りない栄養分をサプリに頼るのもいいですね。

そして、栄養補給は頭皮からも。

頭皮への刺激を最小限にして、栄養分を補給してあげることで、
内側からだけでなく、外側からも髪を元気にしていきましょう。

具体的には、低刺激のシャンプーと育毛剤を使用するのがおすすめ。

シャンプーは、洗浄力の強さよりも優しさで選びましょう。

最近注目されているオーガニックシャンプーは、
その原料にもこだわっていますので、頭皮に安心。

毎日使用することで、頭皮環境を整えてくれます。

そして、育毛剤は必ず女性用のものを使用しましょう。
女性の頭皮に、男性用の育毛剤は刺激が強すぎます。

シャンプーも育毛剤も、優しさ重視で選択したいですね。

食べ物などの栄養で、内側からの栄養補給。
シャンプーと育毛剤で外側からの栄養補給。

この合わせ技で、元気な髪を育てていきましょう。

■髪を守るためにぜひつけたい習慣とは?

毎日の何気ない生活のなかでも、元気な髪を育てるためにぜひ実施したいポイントが。
少しの意識で元気な髪を育てていきましょう!

 

  • 正しいヘアケアで髪を守る
  • 頭皮環境を正常に保つ工夫を

 

元気な髪を育てるため、しっかり栄養補給をしたら、
毎日の生活でも少し意識したいポイントをご紹介しますね。

まずは、ヘアケアの見直し。

髪のためを思って実施しているヘアケア、もし間違った方法で実施していると、
せっかくのケアで髪を痛めてしまっているかもしれません。

たとえば、頭皮の汚れをしっかり落とした方がいいからと、
1日なんどもシャンプーをする。

実は、これ、NG行動。
頭皮の必要な皮脂まで落としてしまうので、注意が必要です。

髪をきれいにしようと、コンディショナーを使いすぎるのもNG。
今度は毛穴の詰まりを引き起こし、元気な髪が生えてくるのを阻害してしまいます。

他にも、髪を自然乾燥させていると、頭皮が長時間蒸れた状態になり、
頭皮環境の悪化を引き起こします。

強めのドライヤーでさっと乾燥してあげたいですね。

長時間の防止の着用も、ちょっと注意が必要。
帽子の中、想像以上に蒸れてしまっているかもしれません。

一つ一つは小さなことですが、
少しずつ気を付けて、髪と頭皮を元気な状態に保ってあげたいですね。